松居一代さんへのアンサー動画 Salesforceの積み上げ集計の裏技

Salesforceの積み上げ集計の裏技

Salesforceで積み上げ集計の裏技!

こんばんはクレバー株式会社です
本日はですね
アンサー動画ということで以前ですね

カスタムオブジェクトの作り方
簡単見積もりのところですね
質問を先日頂いておりました

松居一代さんからですね
ちょっと本人かどうかは
分からないんですけども

ご質問いただいてたので回答させていただきます
内容としましては
積み上げ集計のところで

ちょっとひと手間加える必要があった
というところなんですねで今ちょっと見てます
今部品の小計というところで

ここ積み上げているんですけど
ここですねここになりますねここですね
これは部品の内訳のところから

積み上げていくんですけども
¥4000を積み上げたいんですね
でもここには直接積み上げられないですね

数式の場合は
積み上げられるんですけども
項目とリレーションで

部品代小計を積み上げているんですけども
ここになりますね編集で
部品小計で積み上げてるんですけども

ここの部品内訳のこれ
小径が積み上げられないですね
通常の数式を積み上げられるんですけど

これはモーターの中に
単価を持っておりまして
ちょっとモーターを見て行くと

モーター中に¥2000
単価を持っています。
単価×2を計算しています。

そうすると小計ということで
出てくるじゃないですか
これって積み上げられないんですよね

積み上げようとするとここに出てこないです。
小計が出てくれば
そのままこのとこですね小計が出てくれば

いいんですけども
出てこないとおそらくなんですけど
ちょっと突き詰めてないんですけども

別のオブジェクトにある要素を引っ張ってきて
計算すると計算された
数式は出ないんですけど

もうこのオブジェクトの中で
部品内訳の中でしかない
要素で作られた数式は

積み上げできる事に気付いた
のでここを¥4000で計算されます
よねて編集が作成されたタイミングで

この転記します
これ部品小計
普通の項目なんですけど

通貨項目(※通貨の項目です。)
普通に打てます
例えば¥799とかで入力が可能です。

編集と作成したタイミングで
これを上書きしなさいという項目
自動更新の設定をしてるので

保存したタイミングで¥4000になります
ここは普通
通貨の項目なので

普通に積み上げられますね
この見積もりのところで部品小計が
選択できるんですね

このオブジェクト内数式項目は
ただ単にこの2を
数式で出してます

これってここで2で入力しているので
このオブジェクト内で完結する数式ですよね
ここですね これ3と入力したら

3になります。
要するにここの数量を数式で
出してるだけですね

この数式は積み上げられます
選べますよね
オブジェクト内数式項目

ここのものが選べますといった感じですね
なのでこの中だけで完結する
数式にしないといけないので

ここに数値を持ってきて
通貨の項目を持って
きてそれをワークフローで項目

自動更新で転記しますと
そうすると
別のオブジェクトから構成された数式でも

このようにしておくと
積み上げ集計ができるというものになります
それはですね

Salesforceで積み上げ集計ができない時はワークフロー

まずこのワークフローというところで
検索していただくとワークフロールール
ありますよね

そうしますと
小計反映という名前で部品内訳作ってまして
この中見ていくとこちらの条件ですね

まずですね数量が
空白と一致しないになってるので
まああの数字を入れたものに関しては

全部作成されたときと編集されるたびに
項目を更新して
くださいっていうことになります

このような設定をまず開始条件としておき
今度はこの項目自動更新ということで
ここですね

項目自動更新の名前ですね
こういった形で
ここkei__cというのは

小計をkei__cとつけてるので
それをこっちに反映させなさい
とやってるだけですねこの部分ですね

そうすることによって
積み上げられなかったものが
積み上げられるようになります

ということですので
別のオブジェクトの数値を
この中だけで完結しない数式の場合は

1回ワークフロールールで
別の項目に置き換えてそれを
積み上げるという方法をです

数式は積み上げることはできるんですけども
別のオブジェクトからこう絡んだ数式になると
ちょっと出来なくなるので

こういったことをしています
よく使う裏技じゃないですけど
まぁテクニックっていうんですかね

まあそういったものになるの
でもしですね
積み上げられないよっていうところが

出てきたらそれ
まず別のオブジェクトから
数式の要素として持ってきてないかの確認と

そして積み上げられないんであれば
この一度ワークフロールールを
試していただいて

できるかどうかっていうところを
ちょっと確認していただけると良いかな
と思いますこちらは

松居一代さんから
頂いたご質問のアンサー動画になります
もしですねあの同じような状況に

陥ってる方がいらっしゃいましたら
一度確認していただければなと思います
本日の動画は以上となります

こちらの動画よろしければ
高評価チャンネル登録よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきましてありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。