Salesforce 数式 DAY関数で年月日から日付を取得せよ

Salesforce 数式 DAY関数

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce 数式 DAY関数は日付のみ取得できる関数です。

こんばんは クレバー株式会社です
DAY関数をやっていきたいと思います
DAY関数はこの日付の項目から

日付だけ取得する関数になります
以前YEAR
関数をやったんですけども

その日付版になります
早速やり方ですね見ていきましょう

Salesforce 数式 DAY関数の設定方法

まずこの右上の
歯車のアイコンを押してください
オブジェクトを編集ですね

そして項目とリレーションになります
私はこの日付のみ
項目の数式を作っているので

その中をちょっと見ていきたいなと思います
そうするとですね
DAYを書いていただいて

括弧の中にその日付の項目
入れていただくだけですね
私は日付の項目で

Day__cで項目名でつけているので
その日付だけ出してください
という指示になります

早速編集を押していきます
数式作るので最初はない状態ですよね
気をつけていただきたいのは

数式の戻り値のデータ型数値ですね
日付なので
小数点以下ないので小数点は0にしています

DAYで探していただきますabcdなので
この下の選択した関数を挿入というとこですね
そこを押します

この中に日付を入れてくださいっていうこと
消していただいて項目を挿入します
私は日付という日付の項目あるので

これですねこれを挿入してるだけですね
そして最後構文を確認します
そして差し込み項目

または関数に構文のエラーありません
と出ましたのでここで保存とします
これで数式の方は

できましたそれでは実際の画面ですね
見ていきましょう
10月29日にしましたので

29だけ数式で出てくるってことになりますね
保存ですね
そうすると29だけ出てきます

日付だけ欲しいとか
何かの文字列を作るとき
日付だけ取り出したいという時であれば

この関数は非常に便利なので
もしよろしければ使ってみてください
本日の動画は以上となります

こちらの動画よろしければ高評価
チャンネル登録よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきましてありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

最新情報をチェックしよう!
>Salesfoce コンサルティングパートナー

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。