Salesforce 数式 MONTH関数で月を取得しよう!

Salesforce 数式 MONTH関数

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce数式 MONTH関数で月を取得しよう

こんばんはクレバー株式会社です
本日はMONTH関数ですね
をやってきたいと思います

MONTH関数はこの日付の項目あります
それから月のところだけ
拾ってくる関数になります

2020年10月13日ってなってますよね
ここの月10の部分だけ取り出す
関数になります

さっそく設定の方を見ていきます
設定から設定です
間違えました

ごめんなさい気を取り直しやっていきます。
設定のオブジェクトを編集ですね

Salesforce数式MONTH関数の設定方法

そして項目とリレーションで月ですね
ここはあの数式設定してます
この数式ですね

中身見ていくとこんな感じになって
ますね。これ一回消しますね
あと昨日もご説明させていただきましたが

この数式の戻り値のデータの型ですね
これが数値になってることを確認して
おいてください MONTHのでMですね

ここにありました
選択した関数を挿入ですね
そうするとこういった形になってこの括弧の中がですね

dateになってますね
日付項目を入れてください
月の項目だけ拾いますよっていう指示です

この括弧のところに項目を挿入で
日付項目はこの日付ですね
これ挿入ですね

種別が日付になってることを確認して
くださいそうしていただいて挿入ですね
こんな簡単な数式になりますね

MONTHって書いていただいて
括弧の中に日付項目入れていただく
それだけですて構文を確認します

そして保存ですよね
そうしていただくと
日付から月の値だけを取得することができます

2020年10月13日から
月の10月だけを
拾っている状態になります

ちょっと日付変えてみましょうか
違う月のがいいので
12月の25日とかしましょう

ここの12になるはずですね。保存ですね
そうすると12なりましたねここですね
この12という値を拾ってここに表示する

これがMONTH関数になります
本日の動画は以上となります
こちらの動画よろしければ高評価

チャンネル登録よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

最新情報をチェックしよう!
>Salesfoce コンサルティングパートナー

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。