Salesforce

SalesforceとSFA(営業支援システム)とは?

今回はSFAとはなんだ?ということを詳しくご紹介していきます。
ちなみにSFAはSales Force Automation(営業支援システム) の略です。
POINT SFAは営業部門のメンバーが商談情報を蓄積し、効率的に商談を売上へ繋げるためのツールです。
おもな機能は、営業メンバーの行動管理や商談の進捗状況管理などです。
商談結果の蓄積も可能で、営業活動の効率化やフィードバックに役立ちます。

SFAを導入するとどうなるか

SFAを導入するメリットとして下記のようなものがあげられます。

  • 属人化営業からの脱却
  • 営業活動の可視化
  • 顧客フォローのタイミングを逃さない
  • 商談の基準の共通化
  • ノウハウの共有で人材育成の効率化

SFAは、人に頼らない営業組織作りと、ノウハウの標準化を可能にします。
営業活動はどうしても個々の能力に左右される部分がありますが、SFAを使えば、案件管理や下準備といった基本的な部分の差を埋めることができるのです。

SalesforceにおけるSFAの基本機能について

SalesforceにおけるSFAの基本的な部分は下記になります。

  • 顧客管理(取引先情報の登録)
    顧客ごとの名前や所属、役職、電話番号などを管理する機能です。
    営業時や展示会などで得た顧客情報を一元管理し、共有することで、より多くのチャンス創出に寄与します。
  • 案件管理機能(商談の作成)
    見込み顧客の発掘から成約にいたるまで、営業に関わるあらゆる情報を管理する機能です。
    提案商品や案件の進捗、停滞や障害の有無、受注見込みなどを管理・分析することで、次のアクションへとつなげられます。
  • 活動管理機能(活動の登録)
    営業活動に関するさまざまな指標を記録・管理する機能です。
    たと営業件数や提案数、成約率、受注率などが記録でき、これらのデータを可視化することで、さらなる効率化や公正な評価などにつなげます。
Salesforceの動画が1000本以上!YouTubeチャンネル「Salesforce初心者講座」

Salesforceの使い方を学びたい方は更新情報を見逃さないよう

チャンネル登録をお願いいたします。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。