Salesforce

SalesforceとMA(マーケティングオートメーション)とは?

今回はMAとはなんだ?ということを詳しくご紹介していきます。
ちなみにMAはMarketing Automation(マーケティングオートメーション)の略です。
POINT MAはマーケティング活動を自動化するためのツールです。
リード(見込み客)獲得から商談の効率化、見込み客にスコアリングなどができるので、さまざまな視点から分析することが可能になります。

MA(マーケティングオートメーション)を導入するとどうなるか

MAを導入すると、下記のようなことができるようになります。

  • 分析を自動化して、より多くの商談をより短時間で実施
  • 見込み客それぞれのカスタマージャーニーを視覚的に管理
  • 興味関心が高いWebページ閲覧者にのみ、特別なオファーをポップアップで表示
  • 見込み客の興味関心に合ったパーソナライズド・メールを送信

従来のマーケティングはデータ分析やスコアリングに多くの時間がかかっておりました。
しかしMA(マーケティングオートメーション)を導入することで、人に頼っていた部分をツールで自動化が可能です。

獲得したリードがどれくらい興味があるのかをスコアリングし、有望なリードにより時間を割くことが可能となります。
またシナリオを作成することで、リードを抽出したり、ある条件に合ったリードにアクションをすることも自動化ができます。

SalesforceにおけるMAの機能について

MAには様々な製品がありますが、Salesforceの代表的なMAツールとしてAccount Engagement(アカウント エンゲージメント)があります
Account Engagementの基本的な部分をご紹介します。

  • 見込み客の獲得 

Account Engagementでは見込み客のことをプロスペクトと呼びます。
例えば登録フォーム(お問い合わせフォーム、イベント参加フォームなど)を通過したプロスペクトは自動でAccount Engagementに登録されます。

  • 見込み客の育成

一度メールを配信しただけでその後アクションを起こさないと、見込み客も自社から関心がなくなってしまいます。
自社への関心を高めるコンテンツを分析をしながら作成し定期的に配信しましょう。

  • 見込み客の評価

見込み客を育成したら、評価をしていきます。
スコアリングで評価された見込み客を選別し、選別した見込み客ごとに自動化(Engagement Studioなど)で
フォローをしていきます。
※Engagement Studio(エンゲージメント スタジオ) はAccount Engagementの機能の1つでシナリオを作成することができます。例えばあるメール送信し、そのメールを開封後2週間後に別のメールを送信と言ったシナリオ作成が可能です。

Salesforceの動画が1000本以上!YouTubeチャンネル「Salesforce初心者講座」

Salesforceの使い方を学びたい方は更新情報を見逃さないよう

チャンネル登録をお願いいたします。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。