YouTube

Account Engagement(旧Pardot) Engagement Studioを始めよう

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Account Engagement(旧Pardot) Engagement Studioの初めの設定をご紹介します

Salesforce初心者講座です
本日はAccount Engagementですね
旧名はPardotですね

のEngagement Studioのところの
初めの設定をしていきたいなと思います
Engage Studioですね

シナリオを組んでその分岐させたりとかですね
それでメールを開封したとかしてないで
アクションを書いたりっていうことができます

ですのでまずはちょっとですね
作っていきたいなと思います
Account Engagementの

アプリケーションのところで
ここのナビゲーション項目の順番は
ちょっと違うかもしれないですけども

Account Engagement(旧Pardot) Engagement Studioでプログラムを追加します

このEngagement Studioっていうのを
選んでください、そうすると
このような画面になるので、早速ですね

Engagementプログラムを追加
というボタンをですね
押していきます

そして名前ですね、ここに名前をつけます
こんな形で、名前は任意の文字列でいいです
説明があればここに書いてとか

説明文を書いていただくといいかなと思います
ここは必須項目ではないので
書かなくても大丈夫です

受信者リストというのは
例えばメールを送る対象の方ですね
そういったリストを事前に作っていただいて

これを選択するという形になります
送りたくない方は、除外リストということで
送りたくない方のリストを作って

選んでいただくと、その方には届きません
受信者リストにも除外リストにも
両方入っていますという形であると

届きませんという形になりますね
とにかく除外リストに入っている方には
受信者リストにも含まれていても

メール送信されないので
そういった仕様になっております
ここですね、業務時間外のみにメール送信

Account Engagement(旧Pardot) Engagement Studioでメールを送信する期間を選択します

というのをチェック外すと
こういう感じになるんですけども
業務時間外だけということであれば

月曜日から土日ですね
だいたい土日お休みのところ多いので
土日省いて、この時間帯ですね

始業時間と終業時間の間に送るということですね
デフォルトはおそらくAsia-Tokyoに
なっていると思うんですけども

もし違うのであればここAsia-Tokyo
にしてくださいというところになります
あとプロスペクトに何回も終了いってから

またもう1回やるよ
ぐるぐる連続で繰り返すよ
という時にはこのチェックですね

していただくといいかなと思います
あとは再エントリーになるまでの日数ですね
もう一回開始するまでの日数

何日かというところですね
あとはエントリーの総数を
制限したりすることができます

これチェック外しておきますね、今回は
保存ってやっていただくだけで
まずは初めのEngagement Studioの

開始の設定はですね
できましたいうところになります
今度からはこの+ボタンを押していただいて

アクションとかトリガーとかルールとかですね
追加していって、どんどん枝葉を広げて
いただくという形になります

今回はこの開始の前提のところで
一旦は終わりますので
今後もアクションとか、そういったところを

動画で公開していきますのでよろしくお願い致します
それでは本日の動画は以上となります
こちらの動画よろしければ

高評価
コメント
チャンネル登録

よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

Salesforceの動画が1000本以上!YouTubeチャンネル「Salesforce初心者講座」

Salesforceの使い方を学びたい方は更新情報を見逃さないよう

チャンネル登録をお願いいたします。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。