Salesforce セールスフォースリストビューで取引先責任者を顧客ランクで分ける

こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforceにはリストビューがあります。

Salesforce初心者講座です
本日はリストビューで取引先責任者を
顧客ランクで分けるをやっていきたいと思います

前回ですね
一括で更新かけた時に
顧客ランクっていうのを付けました
これで顧客ランクでこのリストビューをですね

切り替えてAは、Aだけの人とか
Bだけの人っていう形で
見れるようにしてきたいと思います
それでは実際の画面で
設定の方をやっていきましょう

Salesforceリストビューを触ってみましょう

まずですね
今全ての取引先責任者っていうことで
見てるんですけども

これコピーしちゃいますね
コピーということで、顧客ランクAにしましょう
Aランクの方がいいかもしれないですね

こんな感じでやってますと
誰がこのリストビュー見ますかのとこはですね
この中から好きなものを選んでください

今回すべてのユーザーが
リストビューを表示できるを選んでいきます
保存ですね

全ての取引先責任者をコピーしたので
中身はですね
ここAランクにはなってますけども
中身は全然

検索条件はAランクになってないので
そこで検索条件を追加していきます
検索条件追加、顧客ランクありますよね
一致する、演算子は一致するでいいです

ここのところがですね
Aとやりますね、完了です
保存しますと、Aだけの型になります

はい、これでオッケーですね
一回別のところに切り替えますね
全てので、今度Aランクとかですね

そうするとAだけですね
今度は全てをコピーするんじゃなくて
これをAランクをコピーし
BとCを作っていきます

ですのでコピーってまたやりますよね
ここのところは分かりにくくなるので
Bと変えていただいて
こんな感じでいいでしょうか

全て保存ですね
こうやると顧客ランクはAのままなので
リストビューの名前と中身が一致しないので

Bで、Aも付いちゃってるので
ここですね
ここ気を付けてください

Aを外してあげてください
ここですね、ここのところ
ちゃんとBだけが

選ばれている状態にしてください
完了ですね

保存、そうするとBランクだけですね
ここがBランクのだけ抽出することができます
今度Cランクですね

同じようにやっていきましょう
今度Bランクをコピーしてもいいと思います
コピーで、ここのところをCに変えていただいて

ここ適当でいいです
ローマ字でもいいです、ただ
ここにありますように

英数字とアンダースコアのみを使用しって
書いてます
そこのルールだけ守っていただいて

付けていただいて、保存ですね
で先程と同じように
まだ中身がBランクで

Salesforceリストビューで検索条件をつける

Bを抽出しちゃっているので
この顧客ランクのところですね
ここのところですね

Bランクになっていますので
ここをクリックして、Cで
Bを外す、ですね

完了、で保存です
そうするとCランクだけのになります
今度切り替えてみましょう

ここのとこですね
ここのところで切り替えることができます
Aランク、次Bランクですね

この名前以外のランクの方は
混じってないですよね
Cランク、といった形でリストビューを使うと
自分の好きな情報とかですね

自分の欲しい情報に辿り着くのが早くなるので
このリストビューですね
ちょっと使い倒していただいて

使えるようになると
更に情報へのアクセス
速くなるかなと思います

それでは本日の動画は以上となります
こちらの動画よろしければ
高評価
コメント
チャンネル登録

よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

札幌でSalesforceコンサルティングパートナーをしております。

Salesforceの導入のことでしたらお気軽にお問い合わせください。

001-0033

札幌市北区北33条西2丁目1-15 KANTINE

KLever株式会社(クレバー)

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。