YouTube

Salesforce レコードタイプを変更してみよう(取引先)

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce レコードタイプを変更する方法をご紹介します

Salesforce初心者講座です
本日はレコードタイプを変更してみよう
をやっていきたいと思います

今回は取引先のところで
やっていきたいと思います
レコードタイプ複数ある場合は

変更することができます
今回は二つですね
パターンがありますので

ご紹介させていただきます
それでは実際の画面で
やっていきたいなと思います

Salesforce レコードタイプを変更するアイコンがあります

まず取引先見て頂いた時に
このレコードタイプですね
表示されている場合はここのとこですね

ちょっと右側にこのくるくる
リサイクルみたいなマークの
アイコンがありますので

ここをクリックして頂くと
レコードタイプ変更になります
今こちらの環境ではレコードタイプが

二パターンありまして
得意先と仕入先ということで
二パターンあります

今こちらが得意先なので
仕入先に変更が可能です
次へってやっていただいてで

仕入先という形で変わります
仕入先に関しては得意先と
ページレイアウトがちょっと違うので

それに応じたレイアウトが
でてきますっていう形ですね
あともう一つボタンがあればですね

上のところとかですね
ボタンがある環境では
このレコードタイプを変更というボタンがあるので

そちらを押していただいて
あとはここは先ほどと同じような形になります
今度は得意先に戻していきたいなと思います

そうすると得意先に応じたレイアウトに
変更になるという形になります
このようにレコードタイプですね

Salesforce レコードタイプを変更はとても簡単!

こちらの項目のところからも変更できますし
こちらのボタンのところからも変更できます
今回は取引先のところで

レコードタイプ変更しましたけども
他の所でもレコードタイプ設定されている
環境ではこのようにレコードタイプ

変更することができますので
もしレコードタイプ変更したいな
という時には、こちら参考にしていただければ

いいかなと思います
それでは本日の動画は以上となります
こちらの動画よろしければ

高評価
コメント
チャンネル登録

よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

Salesforceの動画が1000本以上!YouTubeチャンネル「Salesforce初心者講座」

Salesforceの使い方を学びたい方は更新情報を見逃さないよう

チャンネル登録をお願いいたします。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。