Salesforce , YouTube

Salesforce Summer22で動的関連リストを使用してみた。

こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce Summer22 動的関連リストをご紹介します

Salesforce初心者講座です
本日はSummer22で
動的関連リストを使用してみた

っていう所をやっていきたいと思います
動的関連リストはですね
例えば今取引先の関連

リストを出してるんですけども
以前はできなかった
関連リストを

条件によって絞り込んだものを
出せるっていうところになってます
今このように

成立の商談だけを関連リストに並べたりすることが
できるようになったので
そちらの紹介をしたいと思います

Salesforce Summer22 動的関連リストを設定します

それでは実際の画面でやっていきましょう
まず取引先のところで言いますと
この右上のところにですね

歯車のマークがありますので
この編集ページですね
クリックしていただいて

そのあとにですね
この左側のコンポーネントのところにですね
動的関連リスト-1つっていうものが

追加されています
ですのでこのように
例えばこのわざと

一番上にしてみましょうか
何を並べるんですかっていうので
商談を並べました

はい、このラベルっていうので
そのまま商談ってやってしまうと
全部の商談が並んでいるように見えるので

例えば今回は失注にしましょうか
表示するレコード数とかも
ここで調整することができます

これですと、そのままただの
商談のリストになってしまうので
下の方にスクロールしていただくと

ここですね、検索条件の追加
っていうのがあります
ここですね

そして押していただくと
例えばフェーズですね
一致する、Lostしたもの

失注したものっていう形ですね
完了ってやっていきます
そして保存ですね

はい、そして今度は
あえてこの成立の下ぐらいにしましょうか
はい、こんな感じですね

保存ですね
あとは問題ないことを確認して
保存を押します

Salesforce Summer22 動的関連リストを使ってみよう

はい、これだけですね
それでは実際の取引先の画面で見ていきます
はい、こちらが先程事前に作っていた

成立の商談ですね
成立だけが並べます
あとどこで降順、昇順かけるか

っていうところも先ほどのところで
ありますので、並び替えですね
できますっていうところですね

今作ったのは失注商談っていう
関連リストを作って
まさにこう失注だけのものを並べる

ということもできるようになって
こちら非常に便利かなと思いますので
やはり関連リストでやっぱりこう

何か絞り込んで見れないっていうのは
なかなかちょっとストレスがありましたので
今回これができるようになったっていうのは

すごく大きな進歩かなと思います
それでは本日の動画は以上となります
こちらの動画よろしければ

高評価
コメント
チャンネル登録

よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。