Salesforce 数式 YEAR関数で年を取得しよう!

Salesforce 数式 YEAR関数

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce 数式 YEAR関数で日付項目から年のみ取得できる

クレバー株式会社です
YEAR関数ですね
やってきたいと思います

関数は日付からですね
年だけ取得するという関数になってます
それではさっそくですね

行ってみたいと思うんですけども
例えばですね
これを年を

2022年にしてみましょうか
ここが2022年だけになります。
こういった形で数式を作ってるので

そちらの設定を見ていきましょうって
いつも通りですね

Salesforce 数式 YEAR関数の設定方法

右上の設定からですねオブジェクトを編集です
項目とリレーションですね
私がこの年という数式

ですね作っているので編集してきます
非常に簡単で
YEARの中に日付の項目入れるだけです

こんな形ですよね
拡大すると最初何もない状態なので
書き方ですね

数式作る時にですね
ここYEARですね
Yなので下の方です。一番下ですね。

選択した関数を挿入
ボタンを押しますよね
かっこ中、date出てきますね

ここに日付項目入れてくださいよという指示です
なので項目を挿入ってしていただいて
年だけ取りたい日付項目ですね

ここ種別が日付です
日付で挿入ですね
そして構文を確認

緑の文字が出たので問題なし
ということですね
ちょっと気をつけていただきたいのが

数式の戻り値のデータ型ですね
他の型にしちゃう
のエラーが出てしまうので

数値ですねやってください
例えばテキストでやってしまうと
エラーが出ると思うんですけども

エラー出ますね
テキストと互換性ありません
この形ですね

数値にしていただくと
2020ていう数値を取りに行くので
数値にしていただくと

エラーは出ないで保存できます
型に気をつけてくださいはい
そうして実際に

ちゃんと設定されてるかって
いうのを見ていきましょう
これ多分ちょっと多めの数字が面白そう

なんで2050年ですね
令和32年ですね
10月13日してみましたか

2050年ですね
の10月1日しましょう。
2050になりますね

YEAR関数を使うと
日付から年だけ取得することができます
もしよろしければ使ってみてください

こちら動画がよろしければ高評価
またコメントなんかも
よろしくお願いいたします

最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

最新情報をチェックしよう!
>Salesfoce コンサルティングパートナー

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。