Salesforce Tableau(タブロー)をはじめます!さっそく触ってみた!

Salesforce Tableau(タブロー)!

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Tableau(タブロー)やってみます。

こんばんは
KLever株式会社です
本日はTableauをちょっとやっていきたいな

と思います私もですね
Tableauだいぶ気になっておりましては
Salesforceさんが買収したということで

弊社はSalesforceでお仕事してるので
契約してみました
まだ使い方とか細かくわかってるわけではないんですけど

ちょっと紹介という形でやってきたいと思います
あのいろんなものと接続できるようで
接続できるものの

一覧みたいなものがここにたくさんありまして
もちろんSalesforceですねありますし
あとはGoogleアナリティクスとか

スプレッドシートとMarketoとか
私も知らないのもたくさんあるんですけども
はいこんな感じで一覧はあります

そしてですね
サンプルがあるみたいなので
サンプルと家すぐ使えるものですねちょっと

これで遊んで行きたいなと思います
世界指標というところで
こんな感じであるんですよね

私は非常にこれ扱いやすいかなって思ってます
ちょっとやってみましょうかでまずですね
都市人口とかありますよね

国地域でやってみます。
こんな感じで別の方に
ディメンションっていう

ディメンション EinsteinAnalyticsでも
確かディメンションとか
メジャーとかあったと思うんですけど

その考え方と同じなんでしょうね
国と地域が平均寿命なんかみてきましょうか
女性でこんな感じですよね

たくさんありますね
これを降順と歌唱順の並び替え
多分できると思うんで

並び替えとやっていただいて
データ昇順にしましょうか
アルファベット データソース

フィールドでやるんですね
そうするとこんな感じになるんですね
並び替えが可能です。

そしてと同じドラッグアンドドロップすると
色を変れたりするんですね
ですねサイズとかこれちょっとあれですね

消す時はまを外側に出していただければ
出来るみたいですね。
平均寿命っというのが

1000とかになっているんですけど
ちょっとここ次回とかですね
分かったらやって来たいなと思います

グラフの種類が地図ですとか
なりますねこれで
初めてサイズとかってやるんですかね

これで色とかが
だんだん濃くなってくるってことですかね
後バブルとかえーと箱ひげ図ですかね

あとツリーマップこれよく見ますよ
もうちょっと遊んで行きましょう
一人当たりの地域で行きましょうか

地域で一人当たりの医療費
ですねていきましょう
ヨーロッパがめちゃくちゃ多いってことですね

ここにえーと行と列を入れ替えですかね
ありますので
こんな感じですね。

これの方がいいかもしれないすね私
ちょっと今先ほど
こっから確かご並び替え

やったかと思うんですけども
これよりもここですね
並び替えってやったと思うけど

これもこれでやった方が早いですね
コメントとか入れれるんですかね
シートのクリアすることですね

Tableau(タブロー)にもたくさんのグラフがありました!

積み上げとかもあるんですね
この辺はSalesforceの
ダッシュボードと似た感じですねで

アインシュタインアナリティクスも
Tableau CRMという名前になったので
なるのでなってるかなってないか

ちょっと不安です
多分なってると思うんですけど
それとこっちのTableauは違う製品ということなんですね

なのでどちらかでどうもあ正直な話
Tableauの方がやりやすいですね私的に
Salesforceのダッシュボードよりも

ダッシュボードとか
あのレポートとかよりも
なんか本当にドラッグ&ドロップで

ここにドラッグすればいいということで
非常にわかりやすいかなと思ってますね
もうちょっとやってみましょう

国と地域領域で携帯電話
使用率を見て行くときは
こんな感じで見れる

先ほどの降順昇順となくこうですね
こうになるので
これクリックすると

こういった感じでなる
というところになりますね
後はこれで

色とかをつけていくってことですね
ということですね
紺色とかもなんか

もうちょっとかわいい
ここ!
グラデーションとかが

こんな感じで変えられる
ちょっときついねきついのでも
こんな感じでも変えられるは

これいいか悪いかは別として
ってことですね
こんな感じですぐ帰られるんですね

これはいいと思います
あとさらに地域で絞ったりできるんですね
またこれちょっとこんな感じですね

なのでこっち逆の方がいいかもしれすね
アジア圏で見るというところとアフリカですね
携帯電話使用率

香港とマカオが多いということで
日本も比較的多いほど
韓国の方が多いと言ったところが分かってきます

オーストラリアとニュージーランドほぼほぼ変わないってことですね。
ヨーロッパでイタリアが多いことなんですね
ラベルとかもつけれるんですね

今度人口とか見てきましょうか
国でやった方がいいですね
国、14歳までの人口ですね

これもまたこんな感じになるよう
ですね面白い
もう本当に簡単に出来ますよね

はいこれは非常に思いました
お世辞ではなくって感じですね
クリックするとハイライトかかるんですね

説明も出てるんですね
これはいいかもしれないですね
説明するときにあのなんですか

モニターとかで会議とかで
説明する時にもうこんな感じでこれですかね
あこれかデータの説明って感じでやるとがいいですよね

かっこよく説明できそうな感じがします
ということでエクセルっぽいって言うんですかね
なんかいいところが効率よく使われていて

なんかとっつきやすいかなと思いますね
はいてことでちょっと若干ダラダラした部分はありますが
本日からですね

ちょっとTableauの方もですね
コンテンツを作ってですね
公開していきたいと思います

私もこれ勉強しながらになってしまうんです
けどもやっていこうと思うので
もしあのTableauとか

ですねご興味ある方は
ちょっと検索していただいて無料体験
私か14日間ですね

私が以前公開した動画でやっていたのが
無料の14日間になりますね
ただ中無料のものだと

やっぱり色々制限かかってると思うので
契約したものに関しては
制限かからないのでその辺を公開していきたいなと思っております

それでは本日の動画は以上で
こちらの動画よろしければ高評価
チャンネル登録よろしくお願いいたします

最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

札幌でSalesforceコンサルティングパートナーをしております。

Salesforceの導入のことでしたらお気軽にお問い合わせください。

001-0033

札幌市北区北33条西2丁目1-15 KANTINE

KLever株式会社(クレバー)

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。