Salesforce TODAY関数で日付項目でデフォルトが本日に!

Salesforce TODAY関数

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce 数式 TODAY関数を使ってみよう

こんばんはクレバー株式会社です
本日はある項目にですね
今日の日付が入った状態で作成できる数式をですねご説明したいと思います

こちら日付項目で
今日10月13日なんですけども
もう開いたときに

デフォルトで本日の日付が入ってる状態を
作り出したいと思います
こちらも数式で作っていきます

ちょっと見ていきましょう
新規で作った時に
日付という項目がひとつだけあります

この日付項目のデフォルト値がありますので
そこを編集していきます
設定の方に行きたいと思います

Salesforce 数式のTODAY関数は設定はカンタン

ここの右上
の設定ですねそうですね
いつも使ってるとこです

そこからオブジェクトを編集ですねで
項目とリレーション数式ない方は
この時点で作って下さい

私は日付項目ですね
あるのでてここをクリックしますねで
ここですね。デフォルト値ってなります

このTODAY関数を入れると今日が出ます
編集画面見ていくとここですね
いつもの数式とはちょっと違うんですけども

これデフォルト値があるので
そこで数式エディタの表示がありますよね
表示していただいて

ない状態だと思うので
最初この状態だと思います。こちら
からTODAYですね

TODAY探していただく
またはいつもやってるように
ここちょっと時間かかる部分なので

TODAYで検索していただくとヒットします。
TODAYを入れますよね
これだけですね

構文確認しましょう。問題ないっていうことですね
保存があります。これでできました
たったこれだけですね

ちょっと入力画面を見てみましょうで
ここですね新規とやると
今日の日付本日10月13日なので

今日の日付が入っている状態になります
ほとんど今日の日付を打つのであれば
こういった形で

デフォルト値が設定できるので
これだけでも結構入力の手間が
省けるんだと思います

もしこれがない場合ですと
カレンダーから選ぶとかしないといけないので
これでも日々の作業によって積み重なっていくと

結構時間がかかってしまうので
ここを効率化するためには
こういったデフォルト関数ですね

入れて頂いて
効率化を図っていただければなと思います
本日の動画は以上となります

こちらの動画よろしければ高評価
チャンネル登録よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきましてありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

最新情報をチェックしよう!
>Salesfoce コンサルティングパートナー

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。