Salesforce セールスフォース 取引先責任者のリストビューからリストメールを送る

こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforceでは取引先責任者のリストビューからリストメールが送信できる

Salesforce初心者講座です
本日は取引先責任者のリストビュー
からリストメールを送ってみます

今回は前回Aランクの方
キャンペーンメンバーに追加したんですけども
今回Bランクの人にリストメールを送ってみたいなと思います

それでは実際の画面で
進めていきましょう
まず取引先責任者ですね

リストビューのところを見ているんですけども
リストビューでBランクですね
変えます、そうしますと

顧客ランクBのお客様だけ抽出する
っていうことにしているので
Bランクの方だけですね

取引先責任者の送りたい方へのリストビュー作成しておこう

一応条件確認する時は
この漏斗のマークのところを押して
いただくと、こういう形ですね

全ての取引先責任者でまずは絞り込んで
その次に
Bランクの方たちだけを

絞り込んでいますということですね
その次に送る方ですね
チェック入れてですね

あとはこのキャンペーンに
追加の横の、この間はキャンペーンに
追加押しましたけど

今回はこれリストメールの送信ですね
ありますので、ここの部分です
これ押していきます

そうするとメール作成画面が立ち上がるので
ここに件名入れますよね
あと本文です

こんな感じですね
後で送信とか、送信とか
今送るのであれば、送信ですね

後で送りたい場合は
後で送信っていう形になります
そうしますと日付、時間、タイムゾーンとか出てくるので

ここは基本的に
JSTでいいと思うんですよね
ですが海外に送る時はですね

このところタイムゾーン
ちょっと変えていただいて
っていうのがいいかなと思います

Salesforceのリストメールは後で送信も可能

そしてあとはこの感じで
保存しておきます
っていう形ですね

すぐ送る場合はですね
このまま送信のボタンを押していただければ
なと思います

今送ったものを、今後も送りたいよ
ってことであれば
新規テンプレートとして保存という形で

保存もできますので
次回また同じ内容送るんだろうな
っていう時は

このテンプレートを保存して
呼び出していただければなと思います
あとこの差し込み項目っていうのも

ありますので、ここですね
ここも上手に使っていただいて
例えば受信者の名前とか

会社名とかですね
そういったところも
姓を挿入して

次に名前ですね
氏名もありましたね
氏名差し込んだ方が

こっちの方がシンプルですね
様とか、こんな感じで
色々差し込んでいけるので

そうすると、ここの部分ですね
取引先責任者の名前が差し込まれるので
ここは動的に変わっていきます

ということですね
それで最終的には
送信とやっていただければ

リストメールですね
送信されていくような形になっております
それでは本日の動画は以上となります

こちらの動画よろしければ
高評価
コメント
チャンネル登録

よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

札幌でSalesforceコンサルティングパートナーをしております。

Salesforceの導入のことでしたらお気軽にお問い合わせください。

001-0033

札幌市北区北33条西2丁目1-15 KANTINE

KLever株式会社(クレバー)

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。