セールスフォース Salesforce ホーム画面にアコーディオンを追加してみた。

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

こんばんはKLever株式会社です
本日はSalesforceホーム画面に
アコーディオンを追加してみたを

やっていきたいと思います
それでは早速
ホーム画面に

アコーディオンを追加していきたいんですけども
アコーディオンって
なんなのかっていうところになります

でまずこういった形で
縦にブロックが積み重なっていて
ここのところですね開けると

タイトルのところをこうカチッてあけると
その中に含まれてるダッシュボード
ダッシュボードだけじゃなくても

入れれるんですけども
そういったコンポーネントを配置できる
ものになりますね

放物線を開けるとプロジェクトは閉じます
逆にプロジェクトの方をあけると
放物線が閉じますっていう形になります

それではこの設定方法ですね
ご説明したいと思います
でまずですね

Salesforce ホーム画面にアコーディオンを追加 設定方法

右上のこの歯車のアイコンですね
を押していただいて編集ページですね
がございますでそこを

クリックしてください
そうしますと
左上にLightningアプリケーションビルダーですね

と書かれた
編集ページの画面に遷移します
そこで一度これ消しますね

消して左側にここですね
アコーディオンというコンポーネントがありますので
ドラッグ&ドロップで配置しますね

さらにこの中にコンポーネントを配置できます
ダッシュボードをですね
配置したいと思います

また左のコンポーネントの一覧からダッシュボード
追加して今度はダッシュボードの下の部分に
またダッシュボードを追加します

今は上は放物線ですね
こっちプロジェクトにしましょうか
ここは通常通り

あのダッシュボードを選んでいただくって
形になりますね
こっちのダッシュボードに放物線ですね

セクションのところあるんですけども
ここChatterなんですけども
中にプロジェクトっていうダッシュボード

が入っていますので
ここ変更することができます
セクション表示ラベルってところですね

ここで一番上のカスタムですね
それ選んでいただいて
これだったらプロジェクトって

入力して完了でやると
ここプロジェクトになりますね
今度このダッシュボードのとこも放物線に変えたい

ということであれば
このセクションの所押していただいて
元々ある標準

のものはこういった形で選べるんですけども
カスタムにしたいってことであれば
カスタムにしてここ放物線ですね

と入れて頂いて完了ですね
はいこういった形になります
放物線の方を先に

開けときたいのであれば
このデフォルトの展開されたセクション
っていうところがございますので

そこにプロジェクトが
放物線側を先に展開しておく
部分の選択肢がございますので

放物線を選んでおくと
下の所が展開された状態で
ホーム画面表示されます

設定に問題なければ保存ですね
をしてくださいそうした後に
戻るになりますね

Salesforce ホーム画面にアコーディオンを追加 確認してみよう

そうしますと
先ほど設定したように
このようにプロジェクトですね

放物線っていう形で
一つ一つにはなりますが
こういった形で展開ができます

デフォルトのところですね
展開されるセクション
も選択しておりますので

放物線のところですね
先ほど選択したかと思います
なのでホーム画面見た時に

必ず放物線のセクションが展開されているって
形になります
このようにやっていただくと

前回のタブと同様にですね
こういったアコーディオンっていうのも
ございますので

そちらも使いやすいほうを選択していただいて
このどんどんただ積むだけではなく
こうスクロールしなくても

このセクションを展開するだけで
確認できるものっていう
便利なものもございますので

使っていただければなと思います
本日は動画終了となりますね
こちらの動画よろしければ

チャンネル登録、コメント、高評価
お願いいたします
最後までご視聴いただきましてありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

札幌でSalesforceコンサルティングパートナーをしております。

Salesforceの導入のことでしたらお気軽にお問い合わせください。

001-0033

札幌市北区北33条西2丁目1-15 KANTINE

KLever株式会社(クレバー)

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。