Salesforce 数式 ADDMONTHS関数で何ヶ月後を表示!

Salesforce 数式 ADDMONTHS関数

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce 数式 ADDMONTHS関数で何ヶ月後がわかる

はいどうもこんばんはKLever株式会社です
本日はADDMONTHS関数ですねをやってきたいと思います
ADDMONTHS関数っていうのはですね

どういったものかと言うと
例えば今6か月後って
設定してます

ある日付項目から何ヶ月後とかを
いうものを表示してくれるものになります
今6か月後を出してるので

数式なら6を入れてます
その設定のところですね
確認して行きましょう

Salesforce 数式 ADDMONTHS関数の設定方法

画面右上の設定から
オブジェクトを編集になります
項目とリレーションになりますよね

その後に数式の所に行きます
数式は私は今ですね6ヶ月後と
いうとこでここですね

今に設定しているのでこの中身見ていきましょう
編集です。このような形になってます
ちょっと拡大すると

ここにADDMONTHS入れて頂いていいですね
日付項目の6ヶ月後を出してください
という書き方をします

1回消して書く様子をちょっと見て
いただければなと思うんですけど
Aなので

上から2番目に今のところありますね
ADDMONTHSあるので
これ選択した状態で選択した関数

挿入しますよね
大きくしていくと
date , numになってますね。

ここが何ヶ月後の数字を入れるところです
ここが
日付項目入れますね

日付項目を項目と挿入で入れていきます
日付ですね挿入
ここが3ヶ月後でよかったら

3を入力してください
6ヶ月後にしてるので、6ですね
はい10ヶ月後であればここに「10」入れていただければ

10ヶ月後が表示されます。
構文確認問!題ないことを確認されましたで
保存ですね。そして実際の数式見ていきましょう

数式で新規で作りますよね
日付入れますちょっと違う日付では
この日付で行きましょうか

保存していただくとこれが
6ヶ月後、2021年4月13日が出てきます
こういった形で

日付項目から何ヶ月後を拾いたいときは
このADDMONTHSですね
非常に便利なので

もしよろしければ使ってみてください
本日の動画は以上となります
こちらの動画よろしければ

高評価チャンネル登録
よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきましてありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

最新情報をチェックしよう!
>Salesfoce コンサルティングパートナー

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。