ブログ , YouTube

Salesforce Tutorial 商談で取引先責任者の役割コンポーネントを表示させる

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce Tutorial 商談で取引先責任者の役割コンポーネントを表示させる方法をご紹介します

Salesforce初心者講座です
本日は商談で取引先責任者の役割
コンポーネントを表示してみよう

というところやっていきたいなと思います
取引先責任者の役割を表示することで
この商談にその取引先責任者が

どのように関係しているか
っていうところを表現できますので
もしされてない方がいらっしゃいましたら

やってみると良いかなと思います
それでは実際の画面でやっていきましょう
まず商談見ていただいている状態で

ここですね
いつもどおりここからで見た目の編集なので
編集ページになります

Salesforce Tutorial Lightningアプリケションビルダーで編集します

そしてLightningアプリケションビルダーが
こう立ち上がりますね
表示されたら、左側から関連リスト1つですね

これをドラッグアンドドロップします
そうするとこの関連リストは
現在ページレイアウトに含まれていないため

っていう言葉が表示されるので
これは含まれてないものを選んでしまうと
このような表示になってしまいます

今度含まれているであろう
取引先責任者の役割っていうものが
ここにありますので

それを選んであげると
取引先責任者の役割ですね
出てくるようになります

先ほどのページレイアウトに含まれていない
っていうものが出た場合は
一度ページレイアウト確認していただいて

関連リストにそのものが
ちゃんと表示される設定になっているか
っていうところを確認してください

こちら取引先責任者の役割
っていうものを設定しました
そして保存ですね

はい、そして戻ります
戻った時にここですね
取引先責任者の役割っていうところが出てきました

この商談に関係している
取引先責任者を追加することができます
ここですね、二人いましたいうことで

Salesforce Tutorial 商談に関わる人がわかりやすくなる!

ロールっていうことは
この商談にどう絡んでいるか
っていうところを設定、これ勿論ですね

このロールのところは色んな選択肢を
追加する事も出来ます
これですと今英語になってますけど

日本語にすることも可能です
インフルエンサーというのがあったので
この商談に対してインフルエンサーだ

ということですね
あとはさまざまありますが
ここ全然カスタマイズできますので

こういう形ですね
この商談には2名の方が関係している
っていう形になります

こういうものを知っておくと
非常にこの商談がどういう人が関わってるのか
ってわかりやすくなるので

取引先責任者の役割もですね
このように商談の画面に埋め込んでおくと
商談の画面を見た時にすぐ分かるので

私はこのような設定にしてたりします
ということで本日の動画は以上となります
こちらの動画よろしければ

高評価
コメント
チャンネル登録

よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。