Salesforce 数式を使ってみよう

Salesforce 数式

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforceの数式を使うことでより便利に!

どうもこんばんはクレバー株式会社です
本日はセールスフォースの数式ですね
やっていきたいと思います

Salesforce数式ですね
エクセル関数みたいなものがたくさんありまして
それを使いこなせることで

かなり柔軟にカスタマイズの幅って
広がってくるんですね
なのでシステム管理者の

方は絶対に数式を
覚えていただきたいなと思います
私も実際、全部が

覚えてるわけではないんですけども
知らないのもあるので
そういったものを

少しずつ紹介していきたいなと思います
まずどういったものがあるのかって
いうところですねで検索の仕方に

なりますねこういった形で
「salesforce 数式」検索していただくと
一番上に数式の演算子と関数って

出てくるんですね
これクリックしていくと
こんな感じで出てくるんですけども

Salesforceの数式はたくさんあります!

数式の演算子とI-Z
A-Hこっちよく見ますね
なのでまずこれで

こちらの1番目のトップページでですね
トップのページでは
どういったものがあるのかなと

この名前と
ADDMONTHS関数、DATE関数ですね
そういったものを覚えた後にですね

名前が分かったら
あの関数ってどんな使い方ができるんだって
いうところのサンプルと

例がこちらに出てます
ですので名前
覚えていただいた後にこちらを見る

私の今の場合ですと
こっち側はよく見てますから
AーH、IーZ

こちらを見ていきます
というところですね
通常+とか演算子ですね

ーとか
減算乗算とか除算とかですね
等号とか不等号、不等号結構使います。

あと未満とかより大きい
以下以上ですね
ABSこれ絶対値ですねはい

ABSは確かあの日をまたぐ時間の時に
私使った記憶がありますね
いろいろ使い方があるんですけども

BlankvalueですねBR改行ですね
CASE、IF文で長くなっちゃう時は
CASE文ですることもありますし

数式も文字数がめちゃくちゃ多くなると
エラーで
弾かれちゃうので

いかに短い文で作っていくかっていうところが
重要になってきます
よく使うのがですね

これFLOOR関数ですね
消費税の端数切り捨ての場合とかです
FLOOR関数をめちゃくちゃ使えます

本当にたくさんありますの
でこういったもの
をちょっとご紹介していきたいな

と思っております
で先ほどのIからZのとこですね
そうですね後クリックしていくと

IF文は私が使う数式の中で
トップ3には必ず入ってくると思います

めちゃくちゃ使えますねIF文ですね
後は画像とか出したい時は
Image関数を使いますね

とてもSalesforceの中で
商談がいくら以上になったら
こういったマークを出したいとか

何かの条件で出したいとかで
IF文とイメージ
関数合わせてですね使っていきます

今このIMAGEとか
今私が説明させてIF文とかっていうの
を組み合わせて使っていけるんですね

なのでそういったところを使っていくと
めちゃくちゃ拡張していきます
私これ知らなかったですね

IMAGEPROXYURLこれ知りませんでした
すいません後ほど勉強しておきます
あとこれも使えますよね

ISBLANK関数って読むんでしょうかね
項目の中に
値があるかどうか判断してない場合は

どうするとか
これは入力規則とかでも結構使います
あとISCHANGE関数これ

プロセスビルダーっていう所で使えますね
値が変わったかどうかっていうところで
使っていきます

ISCLONE コピーされたか
どうかだと思います
ISNEW 新規かどうか

本当にあの数式めちゃくちゃあるんですけども
これ1つ1つは理解してですね
私も全てを理解してないので

こういったの覚えてですね
使っていくといいですね
あとISPICKVAL関数

めちゃくちゃ使いますね
選択リストの値がどうなのかっていうの
確認しながらという関数ですね

本当にめちゃくちゃありますね
あとこの辺とかも
文字を操作する時は使いますね

はいでこちらのページのリンク
説明欄に貼っとくので
これいいところが

この関数名前で出ます説明
あるんですよね
で説明書読んでもなかなかわからないので

この例というところをめちゃくちゃ見てみます
この例を見てやりますね
一番いいのは

よんだけだとわかりにくいので
実際にやってみるって事は非常に大事
はい項目例えばまあ作って頂いてこれ試していただいて

その問題なければそれ消せばいいだけなので
後はまああの使っても良い
組織developer環境ですとか

そういうところで
項目を作って
実際やってみるというところが大事ですね

そうですねあと
NOW関数とかも結構使えますね
あとTODAY関数とかもありますね

今日の日付を出すというところです
日付項目を設けましたと
デフォルト値に

今日の日付を入れたいっていう時は
TODAY関数
かっこの中には何も入れないで閉じてきます

というところですね
WEEKDAYですね
これ曜日がわかるものですねYEARですね

例えば
日付項目の項目名入れてあげると
その日付から年だけ引っこ抜いてくれる

というものになりますね
でこちらの数式の演算子と関数Aから
H、数式の演算子の関数IーZはですね

貼っておきます説明欄に貼っとくので
是非ご覧いただければなと思います
本日の動画は以上となります

こちらの動画よろしければ高評価
チャンネル登録よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきましてありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

最新情報をチェックしよう!
>Salesfoce コンサルティングパートナー

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。