YouTube

Salesforce 商談レコードページに取引先の情報を必要な分だけ表示する

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce 商談レコードページに取引先の情報を必要な分だけ表示する方法をご紹介します

Salesforce初心者講座です
本日は商談レコードページに
取引先の情報を必要な分だけ

表示するっていうところを
やっていきたいなと思います
まず事前にやっておいたんですけども

こんな感じですね
取引先の情報を商談の
レコードページに配置ができます

通常ですと、ここの取引先名のところですね
クリックしていただいて
例えば電話番号とか

このようにマウスポインターを
あてていただいて、確認なんですけども
常に出しておきたいっていうところも

あるかなと思うので
その設定の方法ですね
ご説明していきたいなと思います

Salesforce 新規アクションを設定します

そしたらまず取引先の方で設定があります
取引先いっていただいて
取引先のオブジェクトを編集になります

そしていただいた後に、ここですね
ボタン、リンク、およびアクション
というものがありますので

ここ押していきます
そしてこの新規アクションですね
押していただいて、このアクション種別が

レコードを更新になります
ラベルは適当でいいです
こんな感じでいいです

そして保存を押しますよね
そしてここの画面
これが取引先の情報ですね

いろいろ集めてますけども
こちらを商談のところに出すので
商談のところで出したい項目を

ここに並べていただきます
なのでちょっとこんな感じで
やっておきましょうか

ちょっと一つ追加しました
なのでこの六つの項目ですね
商談のところに出していく

っていうイメージになります
これを保存します
ここで準備が出来ましたという形になります

そして今度商談のところにいきます
商談の所で実際に配置していくんですけども
商談のレコードページ見ていただいて

Salesforce 編集ページで設定します

ここからですね
この右上の歯車から
編集ページを押していきます

押していったときに
このLightningアプリケーションビルダーですね
こういう上に書いてあるものが起動します

そして事前にここ追加してるので
これちょっと一回消しましょう
ないところから始めていきたいので

設定していきますっていうとこですね
今度左側から関連レコードですね
選んでいただいて

これをドラッグアンドドロップします
配置したいところにですね
ここで必須項目この二つありますので

ここを設定していきます
この参照項目を編集という
このボタンがありますので

ここ押していただいて、ここをですね
このOppotunity、商談を使用ではなくて
取引先名って選びます

このアカウントを使用でいいです
これでDoneを押してください
その後にここの更新のアクションっていうもので

先ほど作ったものはですね
先ほど作ったものは取引先の情報なので
情報を選ぶとこのように出てきます

ここですね、ヘッダーの表示ラベル
というところはこの上の部分ですね
書き換えられます、なので

今ちょっと差をつけるときに
ここわざと必要項目なんて書きましたけども
そうすることによって、ここの部分ですね

名前変わってますよね
これと一致してますっていうところですね
最後は必ず保存を押してください

そして戻るですね、左上の戻るを押します
そうするとここに先程申しました
取引先で更新のアクションを作ったものを

ここに配置ができますというところになります
このように取引先ですね
ここでリンクあるんですけども

わざわざこれクリックしてみたり
マウスポインターを当ててみたり
っていうのは面倒なので

こういった形で必要な項目だけ
出すこともできますので
もしよろしければぜひですね

試していただければなと思います
それでは本日の動画は以上となります
こちらの動画よろしければ

高評価
コメント
チャンネル登録

よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

Salesforceの動画が1000本以上!YouTubeチャンネル「Salesforce初心者講座」

Salesforceの使い方を学びたい方は更新情報を見逃さないよう

チャンネル登録をお願いいたします。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。