Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー 試験対策 アプリケーションのリリース

Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー 試験対策 アプリケーションのリリース

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

こんばんはKLever株式会社です
本日はSalesforce認定Platform
アプリケーションビルダー

試験対策アプリケーションのリリースを
やっていきたいと思います
まずすべての試験に受験する

時に言えることなのですが
必ず受験ガイドを見てください
試験一覧のページは

動画説明欄に貼っておきますので
受験前に必ず
確認することをお勧めします

こちらがですね
認定Platformアプリケーション
ビルダーの受験ガイドになります

Platformアプリケーションビルダーとしては
試験対策の動画は最後となりますね
本日のアプリケーションのリリースなんですけども

出題の割合は8%になります
今日説明させていただくところは
Sandbox

送信変更セット、受信変更セット
パッケージのところですね
説明させていただきたいと思います

Sandbox

それでは環境の方を
実際見ていきましょう
こちらがSandboxの所になります

こちらのクイック検索のところで
Sandboxと検索していただくと出てきます
このSandboxなんですけども

通常ですね本番環境に
設定を変更してしまうと
通常の業務をやってる時に

変更されてしまうので
不具合とかですね
業務に支障をきたす場合があるので

本番の環境と同じもので
本番の環境に影響を受けない部分のSandbox
というところがありまして

そこでまずはですね
設定していって
そこから本番環境に

リリースしてくっていう流れですね
Sandboxのライセンスは
今画面上に出ている4つございまして

Developerですね
あとDeveloper Pro、Partial Copy、Fullですね
4つあります

見ておきたい所は容量のとこですね
200MB、Developerですね
Developer Proが容量1GB、

Partial Copyが5GBですね
Fullがソースと同じっていうとこですね
あとはPartial Copy以上が

Sandboxテンプレートが必要になってきます
ですので、容量の違いと
何ができるのかってとこですね

Sandboxのテンプレートが必要に
なるのはどれですかってところと
あとはまぁレコードですね

本番環境のレコードも
持ってくることができるのが
Partial CopyとFullになってきますね

送信変更セット

はいそれでは送信変更セットですね
Sandboxで作ったら
本番環境に送んなきゃいけないんですけども

送信変更セットって
ところで今これ本番環境なので
別の組織に送る時にですね

こういったものを新規で
作っていくってことになります
作ったものを送るって感じですね

受信変更セット

あと受信の方ですね
はいこちらが受ける側ですね
本番環境に受けますってところですね

Sandboxから送信変更接続てくると
ここに変更セット溜まってくるので
それをリリースしてくって

いう形になります
これが送信変更セットと
受信変更セットになります

パッケージ

次にパッケージになりますね
クイック検索のところにパッケージと
検索していただくと

パッケージって出てくるんですけども
開発環境でアプリケーションとかを作って
別の組織にインストールしたいっていう時は

パッケージにします
そういった時にここで
新規と言われるもので作っていきます

ですので本番環境で
何も必ずしも
作らなきゃいけないってことではなくて

別のDeveloper Editionって
呼ばれる環境があるので
そこで作って

本番環境に入れるって事も可能です
ですのでSandboxの四つの種類の違いと
送信変更セットて言葉ですね

あと受信変更セットですね
あとパッケージですね
作ったものをパッケージにして

別の組織にインストールする際の準備が
パッケージマネージャでできますよってことを
覚えておいていただければなと思います

それでは本日のアプリケーションの
リリースの動画は以上となります
こちらの動画よろしければ

高評価、チャンネル登録、コメント
よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきましありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

札幌でSalesforceコンサルティングパートナーをしております。

Salesforceの導入のことでしたらお気軽にお問い合わせください。

001-0033

札幌市北区北33条西2丁目1-15 KANTINE

KLever株式会社(クレバー)

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。