ブログ

Salesforce 認定 Sharing and Visibility アーキテクト試験に合格しました。

Salesforceの認定資格Sharing and Visibility アーキテクトに挑戦

こんにちは 長谷川です。

2月6日に認定資格のSalesforce 認定 Sharing and Visibility アーキテクト試験に挑戦し無事合格いたしました。

Salesforce 認定 Sharing and Visibility アーキテクト試験の内容は以下になります。

アーキテクチャ環境と要件を評価し、共有と可視性の要件を満たす、信頼性、スケーラビリティ、パフォーマンスに優れたテクニカルソリューションを Salesforce Platform 上で設計する知識があることを証明します。

出典元:Salesforce資格一覧より

試験の詳細は以下になります。

  • 合格点は67%以上
  • 受験料は40,000円
  • 前提条件はなし
  • 問題は60問

Salesforceの認定資格Sharing and Visibilityの出題内容

主に共有設定、共有ルール、共有セットなどの部分が多く出題されましたので、これから受験される方は共有設定、共有ルール、共有セットの違いをしっかりと学習しておくと良いと思います。試験の時間はたっぷりあるので焦る必要は全くありません。

Salesforceの認定資格Sharing and Visibilityの受験後の感想

共有の部分は知識があやふやになっている部分があったので、そこをしっかりと整理できたのは、良かったことだと思います。おそらくぎりぎりで合格しているような気がするので、今後さらに突き詰めていきたいなと感じております。

 

Salesforceの書籍出版いたしました!

Salesforceの認定コンサルティングパートナーとして北海道札幌市で活動中です。
お気軽にお問い合わせください。
Salesforceの動画が1000本以上!YouTubeチャンネル「Salesforce初心者講座」

Salesforceの使い方を学びたい方は更新情報を見逃さないよう

チャンネル登録をお願いいたします。


Shin Hasegawa

Shin Hasegawa

Salesforceとタフティングと塊根植物の三刀流を目指します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。