YouTube

Salesforce 取引先に受注した商談を表示する

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce 取引先に受注した商談を表示する方法をご紹介します

Salesforce初心者講座です
本日は取引先に受注した商談のみを
表示してみるっていうところを

やっていきたいなと思います
今取引先の関連リストを見てるんですけども
この商談のところですね

このところに受注したもの以外も
入っているんですけども
受注した商談のみ表示したい

というところでやっていきたいなと思います
本日は動的関連リストを
使っていきたいなと思っております

Salesforce 編集ページで設定します

それでは早速設定の方をやっていきましょう
まずですね、右上のこの設定のところから
編集ページですね

取引先のページを見ている
状態から始めています
このようになりました

Lightning アプリケーションビルダーが
起動したと思います
そしてこの左側のところですね

コンポーネントと言われる
一覧があるんですけども
コンポーネントは部品という意味です

なのでその部品を探して、持ってきます
この動的関連リストっていうのがありますよね
これをドラッグアンドドロップで

ちょっと分かりやすいところ
一番上に持っていきたいなと思います
そして右側に設定画面ですね

これ出てこない方は一度こう
クリックしていただいて
そうすると出てきます

違うところクリックされてると
違う設定のところになりますので
ここですね、今出したいのは

ここ商談なので、商談を選びます
そしてリスト選んでいって
並び変え順も変更できるので

例えば完了予定日とかにしておきましょうか
あとこの項目ですね
関連リストの項目って、通常

ページレイアウトとかでやってたんですけども
このLightning アプリケションビルダー上で
手軽にできます

なのでこの順番の入れ替えとかもですね
手軽にできます
やりやすいですよね

Salesforce 検索条件を追加します

そして検索条件を追加とか
コンポーネントの表示を設定
ってあるんですけども、ここですね

検索条件を追加っていうところになります
ここをフェーズにします
演算子が一致するで

オプションを選択で受注だけ
っていう形にします
そうするとここのところが

受注だけのものになるので
ちょっと確認していきましょう
最後忘れてはいけないのが

この保存ですね、保存を必ず押します
変更が保存されましたって出たら
戻るってやっていただいて

そうするとここ受注のものだけの
商談が出てくるっていう形になります
逆に商談が受注してないものも

出したりもすることもできますし
例えばケースなんかでも
クローズしてるものとかしてないもの

っていうのが分けられるので
この動的関連リストを使うと
そういった振り分けた状態で

出すことができますので
もしよろしければ使って
いただければなと思います

それでは本日の動画は
以上となります
こちらの動画よろしければ

高評価
コメント
チャンネル登録

よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

Salesforceの動画が1000本以上!YouTubeチャンネル「Salesforce初心者講座」

Salesforceの使い方を学びたい方は更新情報を見逃さないよう

チャンネル登録をお願いいたします。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。