ブログ , YouTube

Salesforce Tutorial ホーム画面にアコーディオンコンポーネントを配置する

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce Tutorial ホーム画面にアコーディオンコンポーネントを配置する方法をご紹介します!

Salesforce初心者講座です
本日ホーム画面に
アコーディオンコンポーネントを

配置してみたいなと思います
アコーディオンコンポーネントはこういった形で
今こう3段という形でやってるんですけども

開けたり閉じたりできます
こういったものを使うことによって
スペースを有効活用できるので

設定の方ですね
ご説明したいなと思います
それでは早速実際の画面でやっていきましょう

Salesforce Tutorial ホーム画面は編集ページから設定できます!

まずこの歯車のところですね
歯車のところから
部分ですね、ここから編集ページですね

前提としてはホーム画面を
表示してることが条件になります
そうするとホーム画面の編集ができるようになるので

このLightningアプリケーションビルダー
っていう画面が立ち上がります
ここですね

そしてここに配置してるんですけども
アコーディオンっていうのは
この左側にコンポーネントの一覧ですね

部品がたくさんあるんですけども
これをドラッグ&ドロップするだけですね
あとはここですね、私ここ

1段目とか2段目って名前変えてますけども
これカスタマイズできる
設定できるので

例えばこのChatterというタブをですね
右側に設定画面出てくるので
Chatterというところですね

ここがこの左側のプレビューの
このChatterに対応してます
なのでカスタムってやっていただくと

好きな文字ですね
こんな感じでできますはい
コンポーネント、この中身ですね

開いた時何を表示するかっていうものを
ここで設定します
これ入れないと設定反映ならないので

Salesforce Tutorial コンポーネントの中身を設定します

しっかりと入れておいてください
例えばリストビューとかを入れましょうとかですね
何のリストビューなのかっていうところですね

ここはオブジェクトを選択していただきます
たくさんあると思うんですけども
例えば取引先とかですね

そういったものを配置できます
今読み込まれましたね
リストビューも検索条件ですね

リストビューにあるものであれば
ここで切り替えることができるので
そこで入れていきます

今回私作ったこの1段目とか2段目っていうのは
ここの部分になるんですけども
例えばこのタブを選んだ時に

デフォルトの展開されたセクション
っていうところを選ぶことができます
これ選ぶとですね

その選んだアコーディオンのところ
段っていうかセクションっていうんですかね
セクションが開いた状態で

表示されるような状態なので
私は1段目をデフォルトとしてます
2段目をやると、2段目が開いた状態で

ホーム画面表示されます
セクションのものが全て出てくるので
それで切り替えていただければなと思います

なので今やっているこの下のところもですね
当然ここデフォルトの展開されたセクションは
設定してないんですけども

2段目のところをするってやっておくと
このダッシュボードっていうところが
開いた状態で表示されますってことですね

こんな感じです
あとですね、アコーディオンの中に
アコーディオンを入れることが一応できて

私がやってるこの3段目のところですね
アコーディオンのセクションの中に
さらにアコーディオンを入れています

ここですね
そういったこともできるので
もしよろしければぜひチャレンジして

頂ければなと思います
設定が終わると、ここですね
こういった形でアコーディオンが

表示されるって言う形になります
当然ここの名前のところ
セクションの名前のとこを押していただくと

そこが開きますって形です
これやると結構スペース的に
そんなに使わないので

縦積みにしてしまうと結構ですね
ホーム画面すぐいっぱいになっちゃうので
ダッシュボードで結構場所をとるので

こういったものを使うと
結構小スペースで一気にいろんなものが
表示できるんじゃないかなと思います

それでは本日の動画は
以上となります
こちらの動画よろしければ

高評価
コメント
チャンネル登録

よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

Salesforceの動画が1000本以上!YouTubeチャンネル「Salesforce初心者講座」

Salesforceの使い方を学びたい方は更新情報を見逃さないよう

チャンネル登録をお願いいたします。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。