Salesforce , YouTube

Salesforce バケット項目をレポートで追加してみよう

こちらの記事は動画を文字起こししております。

レポートにはバケット機能があります

Salesforce初心者講座です
本日はバケット項目をレポートで追加してみよう
をやっていきたいなと思います

パケット項目はですね
今ここで都道府県のところでやろう
と思ってるんですけども、こちらですね

今シンガポールっていうものありますよね
ここにあるんですけども
それ以外はアメリカですかね

アメリカとシンガポールで
分けたいと思うんですけども
それをわざわざ項目を作って

シンガポールとかアメリカって分けなくても
このレポート上で
色んな形で分けることができます

今回はこのシンガポールっていうのを
カタカナ表記にして
それ以外はアメリカですね

そういったところで
バケット項目っていうのを作っていきたいな
と思います

それでは実際の画面でやっていきましょう
まずですね編集画面行きますね
レポートの編集画面で

こちらは取引先のレポートですね
項目とか特に追加してなくて
デフォルトで出てきたものをやってます

レポートにバケット機能を追加する方法

この部分ですね
この部分で
この列をバケット化っていう

バケツのマーク出てきますよね
これを押していただいて
こういった分け方は

あんまりしないかもしれないですけども
やり方として
見ていただければなと思います

バケットを追加で分けるものですね
アメリカですね
ともう一個シンガポールで分けますね

そしてバケット項目ではない
値ということで
まだ振り分ける前の値がここに出てきますので

まずこのシンガポールは
シンガポールに分けたいので
移動先をシンガポールですね

それ以外はアメリカなので
移動先っていうところで
この左側で作ったものが

今ここに出てくる形ですね
なのでアメリカに分類したいのは
アメリカと分類します

で適用と押すと
こういった形で
アメリカとかシンガポールと分けてくれるんですね

レポートのバケット機能を使いこなすと便利!

なのでわざわざ
取引先の方で項目とか
選択リストを作って

アメリカとかシンガポールと分けなくても
ここのレポート上で振り分けができます
ということですね

そしてこちらもグループ化できるので
この右側の下向き三角のとこ押していただいて
ここは普通の他の項目と同じように

この項目で業務をグループ化って
やっていただけると
アメリカが何件

シンガポールが何件という形で
集計することができます
ちょっと設定方法をバケット項目に関しては

やり方を覚える必要はあるんですけども
繰り返しやっていただければ
とても簡単な設定ではありますので

レポート上でこう分類する時は
非常に便利なものとなってますので
もしよろしければ使ってみてください

それでは本日の動画は以上となります
こちらの動画よろしければ

高評価
コメント
チャンネル登録

よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

Salesforceの動画が1000本以上!YouTubeチャンネル「Salesforce初心者講座」

Salesforceの使い方を学びたい方は更新情報を見逃さないよう

チャンネル登録をお願いいたします。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。