Salesforce 数式 UPPER関数で文字列を大文字にしよう

Salesforce 数式 UPPER関数

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesfoce 数式 UPPER関数で文字列を大文字にしよう

こんばんはKLever株式会社です
本日はUPPER関数をやっていきたいと思います
UPPER関数はこういった小文字ですね

のものを答えのところですね
大文字に変えてくれる関数になります
ですのでここの文字列のところを

「car」小文字で打ちますよねで保存
これですね
このように大文字してくれるってことで

小文字のものを大文字にしてくれる
関数なりますそれでは
設定の方を見ていきましょう

オブジェクトを編集ですね
次に項目とリレーションです

Salesfoce 数式 UPPER関数の設定方法

数式に設定されているものは
文字というものなのでそこを
クリックします

そうするとこのUPPER関数入ってますよね
これ編集してもう一度書いていきましょうで
こんな数式を書きます

UPPERを書いてこの中に大文字にしたい
項目名入れて行きます
1回消して再度変えてきますね

まずここですねUPPERありましたこれ
ですね挿入します
このtext書かれてるとこはありますね

そこに括弧の中に項目名入れてきますね
項目で文字列ですね
のものを大文字にしたいので

こういった形で書きますUPPER()いいですね
中に項目入れて頂いててここですね
構文を確認をします

そうするとエラー
がないことが確認されましたので
今度ここですね

保存を押します
そして終わりになりますね
それでは確認していきましょう

それでは作っていきます新規ですねで
ここに「sapporo」小文字で入れましょうか
小文字で入れてます。保存します

そうするとここですね小文字
で打ったものが大文字になるという
数式になるのがUPPER関数になります

もしよろしければ使っていただければ思います
本日の動画は以上になります
こちらの動画よろしければ高評価

チャンネル登録よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

最新情報をチェックしよう!
>Salesfoce コンサルティングパートナー

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。