Salesforce 商談の商品追加時のレイアウトを変更する

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

どうもこんばんはKLever株式会社です
本日は商談の商品
追加時のレイアウトを変更するを

やっていきたいなと思います
それではどこのこと
言ってるかってところですね

この商品の追加ありますよね
商品の追加ってやった時に
この商品名とか

商品コードってのは並んでるんですけども
その配置をですね変更したいなと思います
それでは始めていきましょう

設定変更は価格表エントリで!

まずですねこの部分、商談で
設定変更が可能かと思いきや
そうではなくてですね

違うところでやっていきます
では早速やっていきましょう
まず設定のところですねこの部分ですね

よく使う部分になります
そしてこのオブジェクトマネージャーってところ
クリックしていただくとオブジェクトですね

たくさんありますが
ここで価格と検索して頂いて
そうしますと

価格表、価格表エントリと二つ出てきます
これでこの価格表エントリですね
それをクリックして頂いた時に

この左側のところに
この検索レイアウトですね
ここです、これがございますので

こちらをクリックしてください
そうしますとこのデフォルトのレイアウトですね
ここのところです

これですね、商品名
商品コードって並んでると思うんですけども
それがここですねと対応してます

なので、12345ですね
こちらも12345なので
今度作成日とかを追加していきましょう

はいそうしますとどうなるか
作成日がここに一番右側に追加されているって
とこですねあと

リスト価格と商品コードをちょっと入れ替えて
最後に作成日、計6個の項目が並ぶ
というところですねこれで保存します

商品追加時のレイアウトの変更を確認してみよう!

そうしてどうなるかと言いますと
こういった形で
先ほど商品名、リスト価格

商品コード、商品説明、商品ファミリ、最後に
作成日追加しましたね
あとリスト価格と商品コード

入れ替えましたね
ですのでこれと同じくなってます
ということですね

こちらですね、これ上からになってますけども
一番上が左になります
下に行くごとに

右に並んでいくってことですね
なので一番右が作成日になればいい
ということでそういったことになってますね

ですので繰り返しになりますけども
商談の商品の追加のレイアウトは
商談のところではなく

価格表エントリのオブジェクト
マネージャーの検索レイアウトですね
ここで変更が可能となっております

それでは本日の動画は以上となります
こちらの動画よろしければ
高評価、コメント、チャンネル登録

よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

札幌でSalesforceコンサルティングパートナーをしております。

Salesforceの導入のことでしたらお気軽にお問い合わせください。

001-0033

札幌市北区北33条西2丁目1-15 KANTINE

KLever株式会社(クレバー)

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。