認定アドミニストレーター試験対策

Salesforce認定アドミニストレーターの模擬問題 #005 別オブジェクトの項目

Salesforce認定アドミニストレーターの模擬問題  別オブジェクトの項目

Salesforce認定アドミニストレーター模擬問題 #5

1 / 1

取引先で管理している住所情報を商談に表示させる方法は次のうちどれでしょうか?

1つ選択してください。

Your score is

The average score is 67%

0%

問題解説

クロスオブジェクト数式項目が1番素早く設定ができます。商談で数式項目を作成し、取引先の住所の情報を表示させます。

  • 積み上げ集計項目は子オブジェクトの数値や通貨などを集計する機能です。
  • 検索項目で住所情報を表示させることはできません。
  • ワークフロー項目自動更新で可能ですが、ワークフローを設定、項目作成などが必要になりシンプルな設定とは言えません。
Tips以下商談でクロスオブジェクト数式を作成のイメージ画像です

Salesforce認定アドミニストレーターを目指す方へYouTubeで無料で学習しましょう

メンバーになると、動画の早期視聴と限定動画の視聴が可能です。



札幌でSalesforce認定のコンサルティングパートナーとして活動しております。

Salesforceで何かお困りごとがございましたらお気軽にお問い合わせください。

Shin Hasegawa

Shin Hasegawa

Salesforceとタフティングと塊根植物の三刀流を目指します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。