ブログ , YouTube

Salesforce Tutorial フロー入門!フローでカンタン項目自動更新

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce Tutorial フロー入門!フローでカンタン項目自動更新する方法をご紹介します

Salesforce初心者講座です
本日はフロー入門、フローで簡単
項目自動更新ということで

やってきたいなと思います
ワークフローがなくなった今も
フローで項目自動更新するシーンが

増えてきてると思うので
フローで項目自動更新の簡単なやり方を
やっていきたいなと思います

今回はここですね
作業報告というカスタムオブジェクトがあって
この状況を完了にしたら

この完了のチェックボックスが同時に
チェックつくという項目自動更新を
やっていきたいと思います

今は完了とやっても、ここにチェックつかないですよね
それを完了をやった時に、同時につく方法ですね
やっていきたいなと思います

Salesforce Tutorial フローを新規作成します

それでは設定の方からフローですね
進みたいと思います
フロー初めてやられる方でも

絶対にできると思うので
ちょっと参考にしていただければなと思います
まず設定のところから行きますね

さらに設定行きます
そしてフローですね
まずこの言葉を覚えておくということですね

フロだけでもいいと思います
プロセスの自動化の下に
フローというものがあるので

ここをクリックします
そして次に今回は新規で作るので
新規フロー押していきます

そして今回は完了にしたら、完了にチェックつくので
レコード作成、更新または削除したときに
起動しますっていう

レコードトリガフローを選択します
選択したら、作成いきます
そしてどのオブジェクトですかっていうことなので

Salesforce Tutorial オブジェクトを選択します

今回は作業報告というものです
なので検索していただいてもいいですし
選んでいただくってことでもオッケーです

選びます、今回は
レコードが作成または更新された
作成した時と更新された時で

この自動化を動かしたいなと思います
条件がありますというとこですね
今回は全ての条件に一致ですね

状況が完了になった時ですよ、という形になります
この更新されたレコードで
フローを実行するタイミングなんですけども

条件の要件に一致するように
レコードを更新した時のみ
なので上のレコードを更新し

条件の要件に一致するたびってなると
完了で更新した時、完了から完了にですね
何も状況変えないで更新した時も動くので

必要のない時は動かさないようにということで
完了にした時だけ
完了に変更した時だけ動かしますっていう形ですね

そしてここ完了ですね、完了にします
そして今度はこのプラスのところありますよね
超簡単です

プラス押して、1番上ですね
トリガレコードを更新、要は完了にした
レコードを更新しますってことですね

表示ラベル何でもいいです、ここは
今この書き方とかはどうでも良いと思うので
ここ英数字、YYYYとかなんでもいいです

そしてフローをトリガした作業レコードを使用します
同じものを更新しますっていうことですね
そして作業報告の項目値、レコードに設定します

なので完了っていうチェックボックスをtrueにしたいので
これですね、GlobalConstant.True
っていうものを選んでください

これいいえの時は上ですね
「はい」に相当なので、はいを選びます
そして完了するだけですね

そして保存を押します
この動き自体に名前つけていただいて
ここも適当でいいです

今回uuuuとかにしましょうか
もし説明あれば、ここですね
書いていただければなと思います

保存を押します、これだけですね
最後いつも言ってますけども
自動化の時には必ず有効化ですね

プロセスビルダーとか承認プロセスとか
今はなくなっちゃいましたけど
ワークフローとかもあったかと思うんですけど

Salesforce Tutorial 有効化は必ずしましょう

必ず有効化ありますので
必ず押してください
これ押さないと起動しないので

必ず押すようにしてください
有効化押します、これで起動状態になりました
そして今度作業報告のレコード見ています

これを完了にした時に、この完了ですね
チェックつけば、望み通りに
動いてるということになります

それではちょっとやっていきましょう
完了を押しますよね
ちょっとドキドキしますけど、押します

ということで、こういった形でつきました
というようにフローでも、ちょっと難しいな
って思われるかもしれないですけども

項目自動更新でしたら比較的簡単に
出来ると思いますので
今日やった部分に関しては超簡単です

なのでまずこの簡単な部分からですね
使ってみて、こんなもんなんだ
っていうことを覚えていただいたら

それにどんどん肉付けしたりとかですね
拡張したりってことが
バージョン管理できますので

もしよろしければ、やって頂ければなと思います
それでは本日の動画は以上となります
こちらの動画よろしければ

高評価
コメント
チャンネル登録

よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。