ブログ , YouTube

Salesforce Tutorial 選択リストの値をTEXT関数で表示する

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce Tutorial 選択リストの値をTEXT関数で表示する方法をご紹介します

Salesforce初心者講座です
本日は選択リストの値を
TEXT関数で表示してみよう

というところをやっていきたいなと思います
現在この状況というものがですね
選択リストになっています

このような形ですね
これをここですね
数式で表示したいなと思います

選択リストですね
数式で使用しないとこのように表示できないので
そのご説明をさせていただければなと思います

それでは実際の画面でやっていきたいなと思います
今状況の表示ということで
ここの関数について見ていきたいなと思います

オブジェクトを編集ですね
設定からオブジェクトを編集で見ています
次に項目とリレーションの中に

項目がありますので
状況の表示ですね
ここですね、

Salesforce Tutorial TEXT関数の作成方法

あります
これをクリックしまして
次にこの編集を押して

中身を見ていきたいなと思うんですけども
このTEXTっていう関数ですね
テキストにしてくれる関数を

この括弧の中に選択リストの
項目名を入れてあげるだけですね
なのでもう一回消して

やってみたいと思うんですけども
数式の戻り値のデータ型としては
テキストを使ってます

文字列なのでテキストを使っています
項目の挿入で、状況ですね
状況を表示したいだけなので

こう入れて構文を確認てやると、ここですね
選択リスト型なので
出せませんということなので

テキストの状態にしてあげます
なのでまず右からですね
TEXTっていう関数ですね

文字列にする関数があるので
TEXT選びますよね
選びます、括弧の中に

valueと書いてあるので
そこに項目名入れてあげるだけですね
なので今回項目出したいものとしては、状況ですね

状況を出したいので、挿入これだけですね
構文を確認ってやっていただくと
緑の文でました

Salesforce Tutorial 数式を確認しましょう

エラーありませんということで
このような形で数式作ってます
そうすることによって、ここですね

状況の表示が出てくるという形になります
これちょっと一回変えてみましょうか
準備中に変えて

ちゃんと準備中、数式対応してますね
今同じオブジェクト内でやってますけども
例えばこの子供のオブジェクトの中で

出したいということもできますし
そういったこともできるので、もしですね
別のところで状況を確認したい時は

このように選択リストはですね
一度TEXT関数で変えてあげると
この表示できますので

もしよろしければやってみてください
それでは本日の動画は以上となります
こちらの動画よろしければ

高評価
コメント
チャンネル登録

よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。