ブログ , YouTube

Salesforce Tutorial 商談の取引先責任者の役割を設定しておくメリット

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce Tutorial 商談の取引先責任者の役割を設定しておくメリットをご紹介します!

Salesforce初心者講座です
本日は商談の取引先責任者の役割を
設定しておくメリットですね

簡単にご説明していければなと思います
前回取引先責任者の役割の
コンポーネントを出しておいた方がいいですよ

っていうことで商談の中で
どのように関わっているかっていうところを
示すところがあります

Salesforce Tutorial 商談の取引先責任者について

なので今ここ取引先責任者が三名いるんですけれども
この商談には三名の取引先責任者が
関わっているっていうのが

ここで一目で分かるようになります
今三名だけですけども
まだまだ追加することができます

もし多くの取引先責任者がいる場合は
このすべてを表示ってやっていただくと
表示されるような形になっています

当然商談の中でも
この方達が関わっているのは分かるんですけども
例えばこの取引先責任者を見た時に

今度取引先責任者目線から見た時ですね
先程は商談目線で見た時は
どのような人が関わっているかって

言ってたところなんですけども
関わっている取引先責任者目線で見ると
この関連のところに

関係している商談が出てきます
なのでこの人はこの商談に
関係している方なんだな

っていうのが分かって
双方向から分かるようになります
またこの関連の商談のところに新規

っていうものがありますので
こちらから商談を作ると、この取引先責任者が
取引先責任者の役割として

追加された状態で商談を作ることができますので
やってみましょう
テストという形でちょっと内容は

Salesforce Tutorial 商談の取引先責任者の役割を作成します

適当な感じになりますけども
とりあえず必須項目埋めて保存しますよね
商談がもう一つできました

このテストっていう作ったものを見ていくと
取引先責任者の役割で
設定された状態で作ることできます

なので商談からもちろん作ることもできますけども
取引先責任者から作ると
その方が既に入った状態で作ることができるので

こういった作り方もできますので
もしそちらの方が
そちらの方というのは取引先責任者から作った方が

商談はその会社ごと違うと思うんですけど
作りやすいっていうのがあれば
そちらの方から作っていただくのも

いいかなと思います
Salesforceこのように商談から作ることもできますし
取引先責任者の関連から

色んなところから作るようなことができるので
一番使いやすいところから
作っていただくのがいいかなと思います

今日は取引先責任者の役割のところを
前回は商談から見えますよ
ってことだったんですけども

今回は取引先責任者の方からでも
関連している商談が見れますよっていうことを
ご説明させていただきました

ぜひやっていただければなと思います
それでは本日の動画は以上となります
こちらの動画よろしければ

高評価
コメント
チャンネル登録

よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。