セールスフォース 標準オブジェクト 取引先・取引先責任者・商談

こちらの記事は動画を文字起こししております。

セールスフォース標準オブジェクトについて

はいSalesforce初心者講座です
本日はSalesforce標準オブジェクト
取引先、取引先責任者、
商談をやってきたいなと思います

まず言葉で取引先とか商談とか取引先責任者で
なんとなくはイメージつくかもしれないですけども
Salesforceにおいて
どのような使い方をしていくのかって
いうところを説明したいなと思います

セールスフォース 標準オブジェクト 取引先について

それでは実際の画面で見ていきましょう
はいこちらが
Salesforceの取引先の画面になるんですけども

取引先は何を登録するかと言うと
自分たちと何かしらですね
関係がある団体とかですね

まあ個人も登録できるんですけども
そういったものを登録しときますね
別にお客様だけではなくてですね

競合の会社さんとか
パートナーさんも
見れたりすることも可能です

セールスフォース 標準オブジェクト 取引先責任者について

で次に取引先責任者ですね
関連のところに人を登録することができます

取引先責任者とは取引先に
所属する方ですね
あと商談にもリンクできますので

キーパーソンとかといった形の方になります
個人を登録する部分になります
でまたですね

連絡先としても使用可能
なのでどんどん入れていただければ
会社の情報として

の資産になってくると思います
またメールとか電話もですね
モバイルですね

電話できたり、携帯電話にかけれたり
ということが可能です

セールスフォース 標準オブジェクト 商談について

はい次に商談ですね
商談こちらになります
商談とはですね

Salesforceにおいては
収益のある営業活動ですね
新規、既存もどちらも入力可能で

商談が成立したか
不成立になったかまでを
情報として蓄積することができます

蓄積することで
過去にどんな商談が成立したか
不成立になったかを

社内で共有が可能です
で不成立の商談データを残して
掘り起こすことで

不成立になった以前の商談がですね
成立することもあるからです
というところですね

なので不成立になった場合は消すのではなくて
そのまま情報として残しておきましょう
そうすると会社としての歴史になりますので

そこから受注になることが
実際あります、ですので
必ず不成立になったものは残すようにしましょう

こういったことで、商談ですとか
取引先、取引先責任者っていう形で
今日三つですね

ご紹介させて頂きましたけども
こういった形で
どんどんどんどん情報を登録していけば

また今後ですね分析
とかも出来ますので

はいレポートとかダッシュボードですね
そういうところも
今後ご説明していきたいなと思っております

本日は標準オブジェクトの取引先、
取引先責任者、商談ってことで
説明させていただきました

それでは本日の動画は以上となります
こちらの動画よろしければ
高評価
コメント
チャンネル登録
よろしくお願いいたします

最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

札幌でSalesforceコンサルティングパートナーをしております。

Salesforceの導入のことでしたらお気軽にお問い合わせください。

001-0033

札幌市北区北33条西2丁目1-15 KANTINE

KLever株式会社(クレバー)

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。