セールスフォース Lightning アプリケーションビルダーでアクションボタンの数を変更

こちらの記事は動画を文字起こししております。

セールスフォースのアクションボタンの数を確認

はいSalesforce初心者講座です
本日はLightningアプリケーションビルダーで
アクションボタンの数を変更ってことですね
やってきたいと思います

アクションボタンはここのボタンですね
この数今三つですね
まあこれを含めて四つなんですけども

数を増やして折りたたんじゃってるので
そこの部分を折りたたまないように
どれだけの数を出せるのかって
ところをやってきたいと思います

はいそれでは
実際に設定の方をしていきましょう
まずですね右上のこの歯車ですね
いつも通りのところです

セールスフォースの編集ページからアクションボタンの設定可能

編集ページをしてください
いつもは設定だったりするんですけども
今度はこのページのところおしてください
編集ページですね

そうしますとタイトルにもありますとおり
Lightningアプリケーションビルダーっていう
ページの見栄えをですね

変えるところに遷移してきました
ここでですね
ここのところですね

強調表示パネルって言うんですけども
ここクリックしていただくと
表示可能なアクションボタンデスクトップのみって

セールスフォースのアクションボタンの数は10

書いてますけども、ここですね
10個まで行けます
こんな感じですね

そうするとここ、折りたたんでいたものが
このように出てくるんですね
11でもいけるんでしょうか

そうですねはいってことで
最大数は10ってことですね
この値は0から10にする必要があります

と出てますので10までにしてください
最大10ですね
はいそうしますと
ここにこのように並んできます

保存します
そしてこの左向いてる矢印で戻ります
はいこんな感じですね

ちょっとここが忙しくなってきたかなって
感じはしますけども
折りたたんでるよりは
出てたほうがすぐ押せるので

まぁここは好みの問題になりますけども
一応こういった設定がございますので
毎回この下向き三角を押してですね

その中からボタンを探してるよりは
こっちの方が
ですねいいかなと思います

ボタンの数にはよると思うんですけども
こういった設定もありますよって
いうことですねはい
それでは本日の動画は以上となります

こちらの動画よろしければ
高評価
コメント
チャンネル登録
よろしくお願いいたします

最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

札幌でSalesforceコンサルティングパートナーをしております。

Salesforceの導入のことでしたらお気軽にお問い合わせください。

001-0033

札幌市北区北33条西2丁目1-15 KANTINE

KLever株式会社(クレバー)

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。