YouTube

Salesforce Classicで取引先のマージ

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce Classicで取引先のマージ方法をご紹介します

Salesforce初心者講座です
本日はSalesforce Classicで
取引先のマージを行っていきたいと思います

今トマト株式会社が二つあって重複しています
ただ電話番号はちょっと違うんですよね
違っていて、見てみると

この重複の確認のところで
潜在的な重複としてみなされていないので
名前が一致するので、マージしたいときは

Classicでやるといいかもしれないので
ちょっとご紹介です
まずアイコンのところから

Salesforce Classicに切り替えましょう

Classicに切り替えというところが
ここにありますので押していただいて
Classicに切り替えます

次に取引先のところを選んでいただいて
下にスクロールしていただいて、ここですね
ツールの中に取引先のマージというものが

ありますのでそれを押してください
今トマト株式会社、名前重複しているので
トマトと検索しますと

おそらく二件出てきます
マージするものを選んでいただいて
次へ押していき、どれを正するか

Salesforce Classicでマージしていきます

っていうところを選んでいきます
なので電話番号が今回9999の方にしましょうか
9999-0000のところですね

選んでいって、マージボタンを
押していきます
そうするとこちら側の電話番号が

正しいものとして統合されていきます
そうして統合されたので
電話番号は選んだ方が正として

登録されてますよね
というようにClassicでは
取引先名で検索とかしてですね

マージすることができますので
ちょっとLightningでやりづらいなっていう時は
一回Classicに切り替えてみるのも

いいのかなと思いますので
もしよろしければ試して
いただければなと思います

最後Lightningに戻りたいというときは
ここですね
Lightning Experienceに切り替え

というところがありますので
ここを押していただければ
通常通りのLightning Experienceに戻ります

ということで本日の動画は
以上となります
こちらの動画よろしければ

高評価
コメント
チャンネル登録

よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

Salesforceの動画が1000本以上!YouTubeチャンネル「Salesforce初心者講座」

Salesforceの使い方を学びたい方は更新情報を見逃さないよう

チャンネル登録をお願いいたします。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。