YouTube

Salesforce フロー入門編!サクセスナビを参考に画面フローで商談の更新画面を作ろう

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce フロー入門編!サクセスナビを参考に画面フローで商談の更新画面の作成方法をご紹介します

Salesforce初心者講座です
本日はフローの問題ですね
やっていきたいなと思います

こちらサクセスナビにフロー演習問題2
というとこで商談の更新画面
というところがありましたので

これと同じように作っていきたいなと思います
なので操作の途中の段階とか
そういったものも見ていただきながら

フローこれから始める方にですね
一度やっていただければなと思います
始める方にとっては非常に

いい素材だと思うので
こちらサクセスナビのURLも貼っておきます
最初このAPI参照名といった

こう名前を付けて行くところがあるんですけども
そういったところも使ったものに関しては
動画説明欄に貼っておきますので

同じようにコピーして
使っていただければなと思います
それでは実際にやっていきたいなと思います

Salesforce 画面フローを作成していきます

まずフローを作成画面のとこまでですね
進めたいと思います
設定のところからですね

設定を押していきます
そしてフローと検索していって
ここですね、フローを押してください

そして新規フローを押します
次に画面フローですね
選択されてることを確認して

作成ですね、押してください
こちらでこのような画面に
なったかと思うんですけども

次にまずですね
一つ新規リソースを作っていきます
ここですね、押していただいて

この新規リソースを押してください
そして変数選びます、ここがですね
こちらすでにAPI参照名使うので

動画説明欄からコピーしていただいて
貼り付けてください
気をつけていただきたいのが

これrecordIdという記載なんですけども
Iが大文字なので
そこ注意して下さい

データ型がレコードですね
オブジェクトは今回商談を対象とするので
商談選んでください

入力で使用可能、完了を押します
そうすると作ったものがですね
左側に出てきます

このrecordIdというものはですね
今開いている実際にこのレコードのIDをですね
取得してくれるものとなっています

結構使うものなので
覚えておくと良いと思います
次に更新画面を作っていくので

プラス押してください
画面ですね
そして入力のところの項目を

Salesforce 入力項目を追加していきます

追加していきます
まずテキストですね
こちらサクセスナビと同じように

やってるんですけども
この項目の順番は特に必ずこうじゃないと
いけないっていうところはないので

多少違ってもいいです、日付ですね
あとロングテキストエリアが二つ
ロングテキストエリアが二つですね

このような配置になってれば良いです
そしてそれぞれに名前を付けていきます
まず画面に名前を付けちゃいましょうか

商談の更新画面ですね
API参照名がこれコピーして使ってください
こういう形になります

あとフッターのところですね
フッターの設定で、[前へ]を非表示
[一時停止]を非表示ですね

この状態になってればいいかなと思います
そして今度商談名のところですね
これを商談名に書き換えましょう

でまたAPI参照名ですね、出てきますので
コピーして貼り付けましょう
必須項目にして、デフォルト値が

今開いてるレコードの名前を
取ってくるということなので
Nameという形になります

この数値が金額ですね
またAPI参照名出てきました
コピペでいいです

こちら必須でレコードIDが金額ですね
こちらでオッケーです
今度日付、こちらは完了予定日になります

またコピーします
貼り付けましょう、そしてこちらも必須ですね
完了予定日を選ぶという形になります

今度は次説明になりますね
Descriptionを貼り付けましたかい
ここが同じものを選びます

説明のところですね
Description選びました
次がNextStepですね

こちらもAPI参照名出てくるので
コピーしますと
リソース、recordId

Nなので結構下の方かもしれないです
NextStep選びますよね
ここまでできましたという形になります

このような形になってれば
いいかなと思いますね
それでここまでできたら、完了を押します

そして今度は割り当てですね
追加していきます
プラスボタンを押して、割り当てです

こちらがサクセスナビでは
商談の項目の割り当てとなってますので
そのままですね

またAPI参照名出てくるので
コピーして使ってください
そして今度割り当てていきますね

今度左側recordId、商談名ですね
先左側からやっちゃいましょうか
金額、完了予定日、recordId、説明ですね

説明、recordId、NextStepですね
今度右側が割り当てたいもの
値をですね、選んでいきますとですね

先程つけていただいたものですね
商談名は商談名で
金額はInputで

完了予定日は完了予定日
あとは説明、これですね
これNextStepになってなかったですね

というように間違うポイントが
いくつかあるので、気をつけてください
これですね、ここまでできたら完了を押します

今度割り当てて、その次ですね
レコード更新しますので
今度はまたプラスボタンを押していただいて

レコード更新という名前付けていただいて
またAPI参照名出てくるので
ここで貼り付けます

更新するレコードですね
このrecordIdですね
一番最初に作った変数選んでください

そして完了ですね、押します
ここで保存ですね
これ名前は自由につけれますので

今回ちょっと分かりやすいように、演習問題
こんな形で名前付けときます
保存を押します

フローはですね、保存までできたら
必ず最後有効化を押してください
これでフロー起動するようになりました

っていうところの準備です
あと画面を表示させるためのボタンですね
作っていきます

Salesforce ボタンを作成します

商談の所からですね、ここですね
オブジェクトを編集
そしてボタン、リンク、およびアクション押します

そして次新規アクション押していきます
そしてアクション種別はフローですね
今回フローを起動させたいので

っていうところです
商談の更新、先程つけた
フローに付けた名前ですね

同じような名前があると
指定をする時に間違うので
ちょっと今回ですね、わかりやすい名前

演習問題ってつけておきました
ボタンの名前をつけましたはい
でここがですね、また名前つけますね

ここは任意のものでいいです、保存ですね
保存を押しましたね
ボタンだけできて、レイアウト

ページレイアウトには出てこないので
ページレイアウトの方で配置します
任意のレイアウトを選んでいただいて

表示させたいもの選んでいただいて、ここですね
モバイルおびLightningのアクション
っていうところ押していただいて

商談に更新というものを
ドラッグ&ドロップします
保存を押します、そして実際の画面

出ているかってところですね
確認していきたいなと思います
でてますね、商談の更新

ちょっとボタンが多くてアレなんですけども
商談の更新出てますので
これをドンと開いた時に

このようにですね、この今開いている
レコードの情報ですね
全部拾ってますよね、間違いなく

そういったところも確認して
いただいてってことですね
ちょっと更新かけたいと思います

更新で、これ桁一つ増やしましょう
100万円ですね
これをわかりやすいように6月1日にしましょう

説明も更新
webミーティングにしましょう
次へを押します、そうしますと

更新かけたように、ここですね
商談名から次のステップまで
更新かかりますよね

こういった形でフローを作っていくと
例えば商談項目が多い場合
更新するのが面倒なので

よく更新するような項目並べて
このように並べていただいて
ってやると非常にですね

Salesforceの使い勝手がよくなったりします
今回商談でやりましたけども
更新頻度の高い項目をですね

別のオブジェクトでも同じように
作成することができますので
今回のこの画面のフローをですね

参考にしていただければなと思います
それでは本日の動画は以上となります
こちらの動画よろしければ

高評価
コメント
チャンネル登録

よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

Salesforceの動画が1000本以上!YouTubeチャンネル「Salesforce初心者講座」

Salesforceの使い方を学びたい方は更新情報を見逃さないよう

チャンネル登録をお願いいたします。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。