Salesforce – セールスフォース☁Slackと連携

Salesforce – セールスフォース☁Slackと連携してみました

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

KLever株式会社です
SlackとSalesforceの連携をやってきたいと思います
appexchangeです。

Salesforce for Slackインストールが必要
その後に設定がありますので
設定のヘルプセンターのURL

下の動画の説明に貼っときますので
そちらをご覧いただいて
設定していただければと思います

使っていくのか
ご説明させていただきます
実際にやっていきましょう

メッセージが来ますよね
メッセージ書きますよね
おはようございます

投稿しますそして
Add to Salesforce
どのレコードに追加するか

KLever株式会社
取引先に追加してみたいと思います。
Message sent to Salesforce出ます

Salesforceの弊社の環境になります。
KLever株式会社の取引先の画面
Related Slack Messages

コンポーネントを編集ページから配置できます
Slackで書いたことですね
こちらに足しなさいって

指示出したメッセージが
表示できるようになります
こんな感じですよねで

またこちらからSlackに送ることもできます
Send to Slackですね。
アクションの画面が立ち上がりますので

ワークスペースはここですと
チャンネルがですね
これ先ほど作って

テストチャンネル、メッセージを入力して
Send to Slackですね
そうしますとこちらですね

KLever株式会社の取引先のレコードから
こんにちはと書いているという
表示になります。

所有者が変更したらとか
アラートが出せるようです
あとこちらからですね/salesforce

取引先一件ありますとか
レコードを探してくれますTodoの件数です。
取引先を押すとこれありますよ

View Recordですね
情報が見えてきますて
Post to Channel

レコードを投稿できます
このようなこともできるので
とても便利かなと思います

ToDoとかいろんなレコードできます
Salesforce見に行かなくてもいい
レコード探したりできるのでとても便利

あとプロセスビルダーとか商談を作った時に
こっちで投稿するみたいな設定も出来たので
ちょっとやってみますね

新規商談の画面
テストでいいですね
KLever株式会社 問い合わせ

こんな感じで商談作りますね
保存します
商談作ったんですけども

Slack側もですね
連携されて通知がくるというところになってます
Slack使われてる方も非常に多いと思うので

Salesforceと連携することで
Slackの便利なところ活かしながら
Salesforceのものも確認ができるというところになります

本日の動画は以上となります
こちらの動画はよろしければ高評価
チャンネル登録よろしくお願いいたします

最後までご視聴いただきありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

最新情報をチェックしよう!
>Salesfoce コンサルティングパートナー

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。