セールスフォース レポートでインライン編集ができる!

こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforceでなんとレポートでインライン編集が可能に!

セールスフォース初心者講座です
本日はセールスフォースのレポートで
インライン編集ができるところを
やっていきたいと思います

こちら設定自体は非常に簡単なんですけども
こちらですね

設定のところから
レポートおよびダッシュボードの設定のところに
レポートでのインライン編集を有効化
この部分があります

ここをチェックするだけです
まだそのインライン編集って
なんなのかって言うと

エディターとかを開かなくても
編集ができてしまうっていうとこですね

一番近いところでいますと
salesforceリストビューのインライン
編集みたいなものが
レポートでも
できますっていうところになります

レポートインライン編集有効化にはカスタマーサポートへの連絡が必要

こちらなんですけど
もうこれ有効化するためにはですね

カスタマーサポートに
一度連絡しないといけませんですので
レポートでのインライン編集をお願いします

有効化お願いしますということで
カスタマーサポートに問い合わせてください

そうしましたら
事前にちょっとご用意させて
頂いたものがありますので
そちらをご紹介したいと思います

Salesforceのレポートでインライン編集ができた!!

テストで作った
あの商談のレポートになるんですけども
この部分ですね

金額とか角度とかに
マウスポインタを合わせていただくと
このように編集することができます

¥1,000,000なので
¥1,500,000してみましょう

こんな感じですね
更新されましたって言って

この更新っていうところですね
押していただくと
¥1,500,000になります

フェーズとかは変更できないのですね
はいでこれあの変更できるものとできないもの
当然ございますけども

そちらがヘルプページの方に
記載されております
こちらのヘルプページは

動画説明欄にURL貼っておきますので
気になる方いらっしゃいましたら
一度ご確認いただければなと思います
こちらですね

ここの設定のところ
英語になってしまうんですけども
インライン編集を有効化って
チェックを入れてください

っていうとこなんですね
先ほども申しましたが
カスタマーサポートに連絡しないといけません

salesforceカスタマーサポートに連絡して
インライン編集を
有効化するように要求します

書かれてますので
この部分ですね
こちら必ずカスタマー
サポートに連絡してください

連絡しませんとここを出てきませんので
はい必ず連絡して下さいっていうことですね

こちらはSummer21
リリースされたです
ベータ版になりますけども
事前に試すことは全然悪いことじゃないと思います。

どんどん試していただいて
こういったものが実装されればその時は
活用された状態で始まるので
使いやすいかなと思います

はい
できない項目ですね
とデータ型とかがありまして
こちらに書かれてます

ToDoオブジェクトと行動オブジェクトの項目
レコードID作成日などシステムの項目
名前項目や住所項目など複合項目
選択リスト そうですね

選択リストが出来なかったので
先ほどのフェーズが変えれなかったって
いう形になりますね

あとカスタム日付と時間項目ですね
あとは暗号化されたテキスト項目ですねえ
数式ですね

あと標準項目種別 日付、時間とか自動採番
積み上げ集計とか
などなどですね

ページレイアウト
またはレコードタイプの制限によって
編集が許可されてない
その他の項目という所になります

こちら一度ご確認いただいてですね
有効化して金額とかですね
なおすの非常にこれあの楽かなと思います

はいところがありますので一度ご確認ください
はいということで
本日はセールスフォースレポートで
インライン編集ができるようになりましたっていう

話でした本日の動画は以上となり
ます

こちらの動画よろしければ
高評価
コメント
チャンネル登録
よろしくお願いいたします

最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

札幌でSalesforceコンサルティングパートナーをしております。

Salesforceの導入のことでしたらお気軽にお問い合わせください。

001-0033

札幌市北区北33条西2丁目1-15 KANTINE

KLever株式会社(クレバー)

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。