コンプライアンス

コンプライアンス基本方針

KLever株式会社

 

今日、企業に対する社会的責任や公共的使命を要請する機運が高まっています。

それに応えるためには、私たち企業と社員一人一人が、法令や社会的規範を遵守して、 事業活動を行うことが重要であるとの認識が必要です。

また、そのような経営姿勢こそが、明るい職場と健全な取引関係を築き、仕事を通 して社会の発展に貢献していくことにもつながり、社会から高い信頼と評価を得るこ とができると考えています。

 

ここに掲げるコンプライアンス基本方針は、すべての役職員が守らなければならな い基本原則です。私の目指すところは、公正かつ適切な経営を実現し、企業に与えら れた社会的責任を果たしていくことです。 私たちの主力事業である建設業は、公共性が高く、社会資本として永く受け継がれ るべきものであり、高品質で安全性の高いものを提供する責任は非常に重要です。

 

今回、ここに、当社のコンプライアンス基本方針を作成するにあたり、私たち、KLever株式会社の役職員は、等しく誠心誠意、基本方針及び業務に関する法令・ル ールを遵守し、より一層倫理的な組織文化を構築していくことを宣言します。

 

2019年01月04日

KLever株式会社

代表取締役    長谷川 慎

 

目的と基本姿勢

このコンプライアンス基本方針は、当社の業務を遂行する上で、特に重要と思われる問題に関して注意を要する事項をまとめたものです。

したがって、これは、すべてを網羅するものではありません。あくまでも基本的な考え方を示したものです。

 

企業行動指針

  1. 法令等の遵守

    企業活動のあらゆる場面で、法令・社会的規範を厳格に遵守します。

  2. 開発・提供する商品・サービス

    優れた技術と豊かな経験をもとに、品質のよい商品・サービスを開発し、取引先様に提供します。

  3. 個人情報・顧客情報の管理

    商品・サービスの提供を通じて知り得た個人情報・顧客情報の保護に十分配慮し、他に漏洩・流出することのないよう安全に管理します。

  4. 取引活動

    企業取引において、法律を遵守し、公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引を行います。

  5. 企業情報の開示

    取引先、消費者、株主、投資家等に対し、適宜適切に企業情報を開示します。

  6. 社員の安全と労働条件の向上

    社員の人格と個性を尊重するとともに、安全で快適な職場の形成に努めます。また、労働条件の向上により、社員の経済的・精神的なゆとりと豊かさの実現に努めます。

  7. 環境問題への取組み

    環境問題の重要性を認識し、資源の有効活用、省エネルギーなどにより、環境問題に自主的・積極的に取り組みます。

  8. 地域社会との交流と社会貢献

    地域社会の一員として、地域社会との交流を深め、地域の社会活動への参加などを通じて、広く社会貢献に努めます。

  9. 反社会的勢力の排除

    社会の秩序や企業の健全な活動に脅威を与える反社会的な勢力に対して、毅然とした態度を取ります。また、反社会的勢力に経済的な利益を供与しません。

  10. 役員の役割

    役員は、本指針の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、社内に周知徹底するとともに取引先に周知させます。
    また、本指針に反するような事態が発生したときには、役員自らが問題解決にあたる姿勢を内外に明らかにし、原因究明、再発防止に努めます。さらに、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にした上、自らを含めて厳正な処分を行います。

>Salesfoce コンサルティングパートナー

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」 「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

CTR IMG