Salesforce セールスフォース取引開始時のリードの項目の対応付け

こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforceのリードの項目の対応付けを確認しましょう

Salesforce初心者講座です
本日は取引開始時のリードの項目の
対応付けをやっていきたいなと思います

このリードの対応付けですね
何を言ってるかっていうとですね
今血液型というところで

リードのところに一つ、新しい項目ですね
作ってみました
これカスタム項目なので
標準の項目ではないんですけども

一つ作っています、リードですね
取引開始する際に、取引の開始
っていうところがあります

リードを取引先責任者に
変換できる部分があるんですけども
この血液型っていう

カスタム項目を対応付けしてないので
取引先責任者に変換していった時に
この血液型の情報がいかないので

それをしっかりと転送されるようにですね
設定していきたいなと思います
それではですね

実際に設定していくんですけども
まずリードですね
今見てます、リード見ている時に

この設定のところから
設定と押していただいて
リードのオブジェクトマネージャですね
いきますね

リードですね
リードいきます
項目とリレーションっていうところですね

あります、あとは
今しっかりとリードにいる
ってことを確認しておいてください

項目とリレーションを押した時に
このリードの項目の対応付けっていうのが
リードには存在します

ここを押していただくと
このような取引先とか
取引先責任者とか

商談とかっていうところで
対応付けできます
今回は取引先責任者だけをやっていくんですけども

変換する時に商談も作れるので
そこの対応付けも
この商談っていうとこを

切り替えていただければ、できます
今回は取引先責任者をやりますので
この真ん中のところをクリックします

リードにカスタム項目を作成した時には注意

そうした時に
リード項目にカスタムで追加した
血液型っていうのがあります

事前に私の取引先責任者のところでも
血液型っていうのを作っているので
こちらから血液型っていうのをですね

対応付けさせたい項目を選択します
保存押してしていただくだけですね
そして実際に

しっかりと動くか
っていうところを確認していきたいなと思います
今リードに山田太郎さんいらっしゃって

血液型を仮にAとしましょう、A型です
というところになります
今取引の開始を押します

今サンプル株式会社に所属している山田太郎さんで
取引先をですね
新規で作り、取引先責任者も新規で作り

商談は今回ちょっと使わないので
取引開始時、商談は作成しない
っていうところをチェック入れます

この右下の取引の開始
っていうボタンを押します
今山田太郎さんが

リードで取引先の開始を実際にして確認

取引先責任者に変換されたので
ここをクリックして、見ていきます
そうするとリードで設定した

血液型Aを、しっかりと
取引先責任者の方にも
持ってきてくれるので

こういった新しい項目をリードで
追加した場合には
必ず対応付けという作業が必要になってきます
こちら忘れてしまうと

また新たに取引先責任者に入力しないと
いけなくなるので
ここの対応付けっていうのは

しっかりしておいた方がいいかなと思います
それでは本日の動画は以上となります
こちらの動画よろしければ

高評価
コメント
チャンネル登録
よろしくお願いいたします

最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

札幌でSalesforceコンサルティングパートナーをしております。

Salesforceの導入のことでしたらお気軽にお問い合わせください。

001-0033

札幌市北区北33条西2丁目1-15 KANTINE

KLever株式会社(クレバー)

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。