セールスフォースの単一項目選択リスト値の上限は??

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

セールスフォースの選択リストの上限の数は??

Salesforce初心者講座です
本日はセールスフォースの単一項目
選択リストの値の上限は

どれくらいなのかっていうところを
実際に確認していきたいな
と思っています

一応ヘルプの方には
選択リストの値ということで
1000個ですね
ここのとこにありますね

デフォルトの単一選択リストの上限値である
1000個って書いてますね。
これを実際に確かめていきたいな
と思います

Salesforceの選択リストの値の上限は1000!

拡張するようなこともできるんですけど
デフォルトの上限値が1000なので
それをちょっと確認していきたいなとで

それを超えた時に
どんなエラー出るのかっていうところも
見て行きたいなと思います

それでは早速ですね
取引先のところに適当な項目を作ってですね
選択リストを作っていきたいと思います

取引先のところに作るので
取引先を見ている時に
オブジェクトを編集ですねやって頂きます
そうした時にですね

項目とリレーションありますよね。
項目とリレーションがございますので
そこをクリックしてください

そうします項目と
リレーションというところが出てきます
項目作る際には新規ですね

単一なので 選択
リストって2つあるんですけども
(複数選択)は複数選べるものですね
単一はここのことを指します

何も書いてない方ですね
選択リスト大きく分けて2つございますので
おさえておいてください
次へですね

そして選択値上限テストという名前にしましょう
ここ適当なField2でいいです
値を改行区切って入力しますしますね

1000行作るのは
大変なので、
簡単な
やり方をご紹介します

Salesforceの選択リスト値をエクセルで大量に作る

こんな感じで
エクセルに選択リスト値をですね。
1000個ぴったりですね

1000行までこんな感じで番号ふってますけど
これをコピーして貼っちゃいますね
1000個まで貼れました
00001ですね

次へ
まず行けるんですね
1000行追加しました!
追加できました

出てこないすね
ありましたね
上限値テストことでありますね
長いすね

すごい長いです1000までありますね
1000まであるようなので
今度は
1001個目を足していきたいなと思います

先ほどの選択
値上限テストのところ
でも新規ってボタンがないですね
なくなっちゃうんですね

足せなくなっちゃうとこですね
なので一個消してみましょう
1000番目のやつ消すと
そういうことなんですね

1000個までは
新規っていうボタンが出続けるんですけど
もう今1個消したので
999ですねえ

それでも1回足してみますね
01000ですね
レコードタイプの設定して保存ですね
1000個いった瞬間に
新規ってボタンが消えます

ですので新規で作れなくなりますね
エラーが出るとそういうことじゃないです
そういうことなんですね
勉強になります

一応選択リストですね
単一の方の値の上限は
1000
ということで間違いないようですね
1001個目からは

Salesforceの選択リストの値の上限1000を超えると値を新規で作成できなくなる

足したらエラーじゃなくて
新規というボタンが消えると
いう結果になりました
選択リストの値をですね

1000個もやることはないとは思うんですけど
一応あの最大値とかは覚え
といた方がいいっていうのと
最大値のことって

アドミンのテストとかにあの選択
リストではないかもしれないですけど
出たりすることがあるのでそこで最大値
あのシステム管理者

やられてる方は覚え
といた方がいいんじゃないかな
と思います

ここにも書いてますよね
今見つけちゃいますけど
有効及び無効な選択リスト値最大1000
書いてますね

ですので1000が最大になります
いいことで終わりました

スッキリしましたねそれではあえて
こちらの動画終了とさせていただきます
こちらの動画よろしければ

チャンネル登録
コメント
高評価
お願い致します

本当に最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

札幌でSalesforceコンサルティングパートナーをしております。

Salesforceの導入のことでしたらお気軽にお問い合わせください。

001-0033

札幌市北区北33条西2丁目1-15 KANTINE

KLever株式会社(クレバー)

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。