第9回 Salesforce全国活用チャンピオン大会のエントリー締め切り6/8

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

はいどうもこんばんはKLever株式会社です
本日は第9回Salesforce
全国活用チャンピオン大会のエントリーの締め切りが

本日6月8日までですよ
という事の共有になります
でこちらがですね

サイトになるんですけども
こちらのURLは
動画説明欄に貼っておりますので

もしご興味ある方は
そちらからご覧いただければなと思います
こちら第9回なんですねで

私が2017年の時に決勝ですねまで
行かして頂きました
めちゃくちゃ緊張します

エントリーしなくちゃいけないので
エントリーが6月8日ですねこれ
もうちょっと早く私

動画出しとけば良かったんですけども
本日ですねエントリー終了しますので
こちらはですね

もしご興味ある方は
ぜひエントリーしてみてください
こちらはSalesforceどのように

Salesforce全国活用チャンピオン大会って?

使ってるかっていうですね
共有する場になります
前はたしか活用自慢チャンピオン大会だった

と思うんですけども
このような名前になっていて
あと動画もございますので

一度確認していただくってことですね
あと参加資格ございますので
Salesforce有償ライセンスを

保有してるお客様
ですねであれば問題ないということです
NPOの方でも

ご利用頂いてる
お客様もご参加いただけますってことですね
で予選期間が6月14日から

29日までですねプレゼンになります
発表時間が20分ですね
決勝が30分になりますね

なので20分って結構短いです
私もですね
予選の時とか

は時間をオーバーしたことないですけども
基本的には30分以内で収めるような形ですね
なかなか短くしないといけないので

私の場合は大変でしたってとこですね
審査基準がございますのでこの辺
はちゃんと踏まえてですね

やると評価が高くなるので技術ですね
他の会社さんが
やってない技術が含まれてると

私はいいんじゃないかなと思います
あと業務改善だったら定着化ですね
この辺が数字でわかるような形であれば

いいんじゃないかなと思います
グラフを使っていただく
っていう形ですね

がいいんじゃないかな
と思います
こちらですね

初めての方は
全くどういうものなのかわからないので
しっかりと過去のですね
動画なんか私は検索して見てました

私が出た時はですね
私2016年から
Salesforce始めてるんですけども

一年たたない状態で
確か予選に出てしまったので
あまり全然わかんない状態から始めてます

その時もあまりよくわかってませんでしたが
出てみると会社の宣伝にもなりますし
会社の中のことを

このプレゼン出るにあたって
調べるというところが出てくるので
会社を理解するまで

Salesforceを理解するっていうところで
非常に良いんじゃないかなと思います
しっかりと賞金もございまして

Salesforce全国活用チャンピオン大会は賞金がすごい!

優勝したら100万円賞金いただける
ということですね
準優勝45万円ですね

3位が10万円ということで
かなり高額な賞金があるので
それを狙って行くのも全然アリだな

と思います
エントリーフォームがここにありますので
こちらですね

必須項目と必須ではない項目ありますが
必須項目は最低
埋めるような形でっていうところですね

ございますので
そちら埋めて、送信というところになります
第9回なりますね

エントリーはこちらとありますので
こちらのエントリーフォームに飛びますので
そちらで入力いただいて

っていう形になります
あとですねこれ出るとですね
優勝するとかしないとか関係なく

Salesforce使われてる方と
実際に知り合いになったりとかですね
もしビジネス考えてる方であれば

出るべきだと私は思っているので
あのこちら出てですね
いろんな方とつながってですね

Salesforceでビジネス進めていく上で
有利になるようにして行ったら
いいんじゃないかなと思います

大変申し訳ないですけど
締め切りが今日ということで
もしされてないことあれば

ギリギリでありますけども
やっていただければなと思います
それでは本日は

Salesforce全国活用
チャンピオン大会のお知らせでした
それではこちらの動画よろしければ

チャンネル登録、コメント、高評価
お願いいたします
最後までご視聴いただきましてありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。