Salesforce OPROARTSで請求書を作成しよう!第4回 請求書出力ボタン作成編

Salesforce OPROARTS第4回 請求書出力ボタン作成編

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce OPROARTSでVisualforceページ作成

KLever株式会社です
本日はSalesforceで
OPROARTSで

請求書を作成しようの最終回になります
第4回請求書
出力ボタン作成編やってきたいと思います

今回は前回マッピングしたものを
ボタンで出力できるよう設定していきます
それではさっそく設定していきます

前回マッピングした状態になってますが
ここで保存を押していただきます
配備ですね

ここをスクロールしていただくと
この下のところに生成というボタンがありまして
生成します

そうしますと
ここにコードがこのように出てくるので
全部選択してコピーします

そして今度はVisualforceを作っていきますね
visuと検索していただくと
このようにVisualforceページというのが出てきますので

ここをクリックしてください
でこちらがVisualforceの一覧になります
ここで新規で作っていきます

まずここにコードを貼り付けます
全てこんな感じですね
ここはこんな感じで

名前つけていきましょう
でここはアルファベットですね
こんな名前にします

そして保存します
これでVisualforceが出来上がりました

Salesforce 請求書出力ボタン作成

今度は請求書のところにボタンを配置していくんですけども
ボタンがない状態なので
ここですね

ボタンリンクおよびアクションのところから
新規アクションですね
これを選んでいただいて

このアクション種別というところを
Visualforceですね
カスタムVisualforceを選んでください

そして先ほど作ったVisualforceの名前
請求書出力ボタン用ということで選べるようになります
でここはですね

こんな感じでボタンの名前をつけておきます
ここは何でもいいですね
ここの名前は適当につけていいです

それで保存しますよね
そして今度ページレイアウトに
まだこのボタンがないので

ページレイアウトを選んでいただいて
請求書レイアウトを選んでいただきます
そしてここですね

Salesforceモバイルおよび
Lightning Experienceのアクション
というところに

先ほど作ったボタンがあると思うので
請求書出力ってボタンを作ったので
これをドラッグ&ドロップします

そして保存を押します
で今度は実際にボタンが配置されてるかと
しっかりと動作するか

を確認してきたいと思います
請求書のリストビューに来ました
請求書の中身を見ていきます

データの方は事前に入れてあるので
これで今請求書出力というボタンが現れてきたので
それをクリックします

ここにExcelがダウンロードされました
これを開いていきます
こちらがダウンロードされたExcel

のファイルになります
Salesforceの値が埋め込まれた状態で
ダウンロードできて

出力されるような形になります
これでOPROARTS使った請求書
出力の部分は以上となります

Salesforce OPROARTSで請求書出力が完了

これでSalesforceですね
OPROARTS使った請求書出力のシリーズは
最終回となります

こちらの動画よろしければ
高評価
コメント

チャンネル登録
よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきましてありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

札幌でSalesforceコンサルティングパートナーをしております。

Salesforceの導入のことでしたらお気軽にお問い合わせください。

001-0033

札幌市北区北33条西2丁目1-15 KANTINE

KLever株式会社(クレバー)

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。