Salesforce 数式 RIGHT関数で文字列の一部を取り出そう

Salesforce 数式 RIGHT関数

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce 数式 RIGHT関数で文字列を取り出そう

本日はRIGHT関数をご紹介したいなと思います
RIGHT関数っていうのはここですね
例えば今ここ社員番号があるんですけども

これの下4桁ですね
右から4番目の文字まで拾う
表現する

ことが可能となっております
それでは関数の作り方の説明をいきたいと思います
設定ですね

Salesforce 数式 RIGHT関数の設定

オブジェクトマネージャーで
その作りたい数式のところを
検索していただいて進んでいきます

この項目とリレーション中に下4
桁っていうですね
数式を作っていて

これ中身を見ていただくとRIGHT関数があります
これ編集になり
ますね。左側にRIGHT入れて頂いて

もう1回作ってみましょうか
ここからRIGHTですねRなので
これですねとこのようになります

社員番号っていうのものから
拾ってきたいなと思うので
社員番号の項目入れて頂いて右から何文字目まで表示させるかですね


先ほど4だったので
今度5にしましょうか
先ほどの最初の設定は

下4桁にとりたかったので4にしてますが
今5にしてみましょう
そうするとこのRIGHT文字通り

右から5文字目まで拾います
ことですね
構文を確認ですね

そして保存ですね
数式の所のオブジェクトに進みましょう
そしてちょっと新規で作ってみましょうか

そうすると右から5文字目までなので
56789まで拾ってくれる事ですね。
なので数式の答えとしては

56789になるはずです
それでは保存をしてみましょう
56789になってます

名前が下4桁ので5桁まで拾っちゃってますが
5にしているのでここまでですね
拾ってますこのように文字列をですね

右から何文字目までとか拾うときんですね
このRIGHT関数が非常に便利なので
もしよろしければ使ってみてください

本日の動画は以上となります
こちらの方がよろしければ高評価
チャンネル登録よろしくお願いいたします

最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

最新情報をチェックしよう!
>Salesfoce コンサルティングパートナー

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。