SalesforceとBox連携でできること

SalesforceとBox連携

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

SalesforceとBoxの連携は便利

クレバー株式会社です
本日はBoxですね
こちらの連携salesforce連携すると

どのような風にファイルを管理できるかって
ところをご説明させていただきます
こちらが取引先のクレバー株式会社という

お取引の1レコードになるんですけども
Box連携するとこのように画面をですね
埋め込むことができます

しかも同じ取引先の名前で
フォルダが1個作れるというものですね
この前の画面に

Create Folderのボタンが出てきて
それを押すと
この取引先と同じ名前で

フォルダができますね
そこにアップロードとやっていただいて
ファイルですね

こちらからパソコンの所からファイル
選んでいただいて開くとやっていただくと
ファイルが今アップロードされます

アップロードされましたクリックしていただくと
プレビュー画面とかが見えてきます
ダウンロードもできます

BoxはPCのアプリケーションで編集ができる

このすごいのが
開くボタンが出てくるんですけども
そこを押して頂くと自分PCのアプリケーション

皆さんエクセルをお持ちだと思うので
エクセルで選んでいただくと
アプリケーションを起動してますと出ます

このようにエクセル
が直接開きます
Boxに入ってるファイルを

直接開けているんですが
例えばクレバー株式会社で入れて保存します
それで今Salesforceの方に

戻ってきたんですけども
今アップしただけなので
先ほどのクレバー株式会社と

宛名入ってないんですけども自分の
アプリケーションで更新した場合は
このように緑の帯が出てきて

新しいバージョンがあります
ということであの通知が来るので
ここの更新ってところ押していただくと

このようにクレバー株式会社と
入った編集した後の状態で保存してくれます
ですのでダウンロードしてまた新しい

バージョンアップするっていう作業がなくなります
であとはこの共有ボタンがあるので
これですね共有リンクをコピーして

メールしていただくとかも
共有リンクをメールですね
ここにアドレス書いていただいて

共有することができます
ですのでこのファイル自体を添付するとか
容量の重いものを添付して

メール送れないとか
そういったことがなくなります
今取引先にこの画面を埋め込んでますけども

カスタムオブジェクトだったり
他の標準オブジェクトにも同じように埋め込んで
同じような使い方ができます

ですのでレコードに紐付いた
ファイル管理がここで
容易にできるようになります

本日のBoxの説明は以上となります
こちらの動画宜しければ高評価
チャンネル登録よろしくお願いいたします

最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

最新情報をチェックしよう!
>Salesfoce コンサルティングパートナー

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。