Salesforce 認定アドミニストレーター試験対策 データの管理

Salesforce 認定アドミニストレーター試験対策 データの管理について

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

Salesforce認定アドミニストレーターの試験対策の概要

こんばんはクレバー株式会社です
本日はSalesforce認定アドミニストレーター
試験対策データの管理


やってきたいと思います
こちらの出題範囲の割合としては
10%です

この中でも3点ですね
データローダ
インポートウィザード
エクスポートサービス

この3点ついて
やっていきたいと思います
それでは実際の画面で
確認していきましょう

データローダについて

そしてデータローダの補足になりますが
データローダーで更新かけたりする時ですね
キーになる

IDが必要になります
それはSalesforceのIDここですね
これは
18桁のIDですね

拾っていただいて
これをキーに
書き換えることも出来ますし
別の方法になります。

項目を作る時にですね
例えば新規で作った時に
テキストありますよね
入力項目の外部IDとして

IDができるんですね
これをキーとして
更新をかける事も出来ます。

ですのでここのIDを拾う
か外部IDというもので
それをキーにして更新をかけるか
という所になりますね

インポートウィザードについて

はい次にですね
インポートウィザードになります
50,000件一気に出来るものですねで
そちらは今取引先のところを見てるんですけど

オブジェクトこのリストビュー見た時の
インポートありますねインポートです
そこを押していただくと

ウィザードが起動してカスタムオブジェクト
ですとか標準オブジェクトですとか
種類を選んでですね。

新規追加していくのか
既存のレコードを更新するのか
新規レコード追加および

レコード更新するのかをやっていきます
csvをご用意頂いて
こちらにアップロードしていくものが
インポートウィザードですね

50,000件と書いてるので
こちらの件数は覚えておいた方がいいです
5万件がインポートウィザードになりますね
基本的なデータローダのが多い

データローダとインポートウィザードの違い

試験の時分からなくなったら覚えておいてください
データローダが5,000,000件で
データインポートウィザードが
50,000件ですね

試験で60,000件インポートにしたい
と言った時にはインポートウィザードです
と50,000件までなので

2回やらなきゃいけなくなりますね
50,000件と10,000件だったら
データローダを使った方が
1回で終わる

ことになりますので
必ず件数は覚えておくようにしましょう
このような形で標準オブジェクトか

カスタムオブジェクトかですね
選んで選択して行って
csvからインポートしてくる
というものになりますね

エクスポートサービスについて

次にエクスポートサービスの説明ですね
まずどこにあるのか?

設定に行っていただいて
基本的に設定のところに行って
クィック検索があって

要するに名前を覚えていれば検索して
全部出せるんですよね
いろいろ並んでんですけども
データ分類中に
セキュリティです

とかって並んでるんですけども
まデータローダであるとか
エクスポートていう名前さえ覚えとけば
場所覚えなくていいです。

エクスポだけでもいいですね
完全一致じゃなくていいので
エクスポートデータのエクスポート
ってありますが
こちらがですね

データのエクスポートになります
データのエクスポートですね
そちらクリックしていただくと
データのエクスポート

ここですね
エクスポートスケジュールもできますし
今すぐエクスポートもできます
すべてのデータを含めるって
いうところですね。

あとはこのエンコード選んでいただいて
画像および添付ファイル含めるのかとか
Salesforceファイル
およびsalesforce CRM
Contentドキュメントバージョンを含める
のかっていうところを
チェックしていただいたりして
エクスポートの開始ですね。

後はすべてをデータ
をするのか
そのオブジェクト単位なのかってとこですね
ですねこの場合
このAPI参照名出てきちゃってるので
Accountですとか
Contactですね
あとリードですね
これがなんなのかってところも
しっかりおさえといてください。

Accountは取引先ですね
Contactは取引先責任者
Leadはそのままリードですね
以上でデータローダですね。

インポートウィザード
エクスポートサービスの3点ですね
Salesforce認定アドミニストレーター
試験対策のデータの管理の範囲で
ご説明させていただきました。

必ず問題でなれることも
もちろん必要なんです
けども絶対にこの一度
どこにあるのかなぐらいは最低ですね。

やっていただくと
画面で覚えての非常に強みになりますので
必ず1回ですね
今日私がや
させていただいたところですね。

はちゃんと実際にちょっとだけ触れてても
いいんで実際にやっていただくのが
一番覚えるんですけども
試験だけではなく
今後のシステム管理者としてやってくには必ず
データの管理ってのは
必須項目になってくるので
ここは手を抜かないようにですね。

是非やっていただければなと思います
頑張ってください

本日の動画は以上となります
こちらがよろしければ高評価
チャンネル登録よろしくお願いいたします
最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

最新情報をチェックしよう!
>Salesfoce コンサルティングパートナー

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。