Salesforce レポート入門 エクスポートしてみよう!

Salesforce レポートをエクスポートする方法

※こちらの記事は動画を文字起こししております。

こんばんはクレバー株式会社です
本日はレポートのエクスポートについてですね
ちょっとご説明したいと思います

まずレポートどのレポートでもいいんですけども
見て頂いてる時にですね
ここにボタンあります

編集とボタンありますけども
ここ▼押していただくと
エクスポートがあります

そこを押していただくと
フォーマット済みレポートはエクセル
しかエクスポートできないんですけども
詳細のみっていうのがExcelとCsvが選べます

エクスポートしてみたので
フォーマット済みレポート
こちらがですね

フォーマット済みレポートのExcelになります
このような形でエクスポートされます
もちろんここの部分ですね

データになってるので画像ではないですが
画像っぽいんですけども
こういった形で貼り付け可能

他のエクセルなんかにも転用ができます
次ですね。
詳細のみをやってみました。

ここの文字コードなんですけども
今macを使ってます
macを使ってる方ですと

おすすめ「UTF-8」ですね
Shift_JISありますよねこれ
文字化けしました

この「UTF-8」で選んでいただいて
エクスポートしたしてみたものを
をちょっとご紹介いたします

はいこちらがエクセルですね
エクスポートして出てきたものが
このような形となるというところですで

こちらがフォーマット済みですね
もうフォーマット済みはこういう形でいいですね
こっちが詳細のみの方です

今度はCsv形式で「UTF-8」で
やってみましたこちらがですね
今度はNumbersですね

あえてとNumbersでcsvで見てまして
macの方もいらっしゃると
NumbersでcsvでUTF-8で

出したものをこのように見てます
UTF-8で出すと文字化けしないので
お勧めは「UTF-8」かなと思っています

他のエクセルに転用
できるので後は
何かのシステムにインポートすることもこれで可能になるんじゃないかなと思います

ということで
あのセールスフォースに
こういったデータを溜め込んでおくと

いつでも手軽にですね
こちらの所からエクスポートですねができますよ
というお話です

例えば取引先のリストを
エクセルにしたいって言うんであれば
こちらにセールスフォースに溜め込んでさえすれば

本当にいつでも
一覧の表示ができるのと
こちらは電話番号が入力されている

取引先とか
こういった条件でいろんなフィルタリングをかけて頂いた
エクセルが手軽に出せますというとこですね

エクセルでフィルタリングかけるんじゃなくて
salesforceフィルタリングかけてエクスポートする
という方が効率いいのかなと思います

本日の動画は以上となります
こちらの動画よろしければ高評価
チャンネル登録よろしくお願いいたします

最後までご視聴いただきまして
ありがとうございました

KLever株式会社YouTubeチャンネル

最新情報をチェックしよう!
>Salesfoce コンサルティングパートナー

Salesfoce コンサルティングパートナー

「顧客管理ができていない」「営業進捗管理ができていない」「会議資料作成に時間がかかる」などの課題解決の可能なクラウドソリューションの導入支援を行なっております。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。